For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

最新の車両および航空機は、多数の電子制御ユニット(ECU)を搭載し、高度に相互接続されたメカトロニクスシステムです。今日の車両開発では、ECUネットワーク全体ですでに1億行ものコードが多くの場所で実装されています。また、車両および航空機の電気/電子(E/E)機能は、運転支援システムの搭載などの要因により、複雑さが増大し続けています。そのため、この複雑な機能を検証するための妥当性確認システムやテストシステムの課題も増え続けています。

テストシステムの統合

可能な限り効率的にメカトロニクスシステムをテストするには、シミュレーションに対応したあらゆるタイプのテスト手法を同時利用する、つまりPCベースの機能テストをHILテストやリアルタイムベースのテストベンチ上のテストと組み合わせるのが合理的です。この場合、開発プロセスにはこれら手法のすべての長所を活用できるという利点があります。


テスト手法は、OEMメーカーやサプライヤの現行の開発プロジェクトと並行して実行できるように、信頼できる形で実装し、シームレスに統合する必要があります。このため、技術的な要件だけでなく組織的な要件も満たすことが必要です。これらの要件は、規格や標準(ISO 26262、DO-178BおよびDO-178C、IEC 61508)のほか、新しい技術システム(バスシステム、シミュレーションモデル)にも対応する必要があります。


dSPACEは、テストシステムのセットアップ、既存のプロセスへの統合、データやワークフローの管理を実現するワンストップショップのソリューションを提供します。テストにおける数十年の経験を強みに、dSPACEはユーザの効率的なプロセス作成を常に支援します。

テストシステム

PCベースのシミュレーションを使用した最初の機能テストからHILシミュレーション、およびメカトロニクステストベンチに至るまで、dSPACEはシームレスなツールチェーン、エンジニアリング、サポートを含むシングルソースのテストソリューションを提供します。

ISO 26262によるHILシミュレーション

dSPACEは、ISO 26262の要件に適合したHILテストシステムをセットアップするための総合的なアドバイスとサポートを提供します。さらに、AutomationDeskなどのISO-26262認定ツールを使用すると、ISO-26262に準拠したテストプロセスを作成するための手間が軽減されます。

Process-Reliable Tool Chain

For process-reliable test environments, dSPACE offers not only appropriate test systems, but also software that meets current safety standards. The test automation software AutomationDesk has been certified by TÜV SÜD for testing safety-related systems according to ISO 26262 and IEC 61508. This certificate confirms that this software tool is suitable for developing and testing safety-relevant systems in the automobile industry, commercial vehicles, aerospace and many other fields. AutomationDesk is the first test automation software in the area of HIL simulation to be granted such a certificate. 

FMI(Functional Mockup Interface)

オープン規格のFunctional Mockup Interface(FMI)は、dSPACEのPCベースシミュレーションプラットフォームのVEOS®、HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションシステムのSCALEXIO®、量産コード生成ツールのTargetLink®、およびデータ管理ソフトウェアのSYNECT®でサポートされています。オープン規格のFunctional Mock-up Interface(FMI)は、特定のモデリングタスクにおけるクラス最高のツールの使用や、モデルの一貫した再利用を容易にします。 

ASAM XIL API – Generic Simulator Interface

ASAM XIL API規格は、ASAM HIL APIの後継規格です。XIL Model Accessポート(MAPort)を使用すると、機能開発プロセスの全段階、すなわちMIL(Model-in-the-loop)、SIL(Software-in-the-loop)、PIL(Processor-in-the-loop)、およびHIL(Hardware-in-the-loop)シミュレーションでテストベンチにアクセスすることができます。今日では、dSPACEの幅広い製品群がASAM XIL API規格をサポートしています。

データおよびワークフローの管理

長期にわたって、多くの場合異種混在型のプロセスに対して効率性、トレーサビリティ、再現可能性を確保するには、シームレスに連携動作するテストシステムと同様に、データおよびワークフローの一元的な管理が重要です。データおよびワークフローの一元管理は、自動化されたテスト実行とテストセットアップに基づいて構築されます。ユーザは、追加作業を続けなくても柔軟にテストシステムを設定できる必要があります。ワークフローの管理により、テスト担当者はタスクの反復から解放されます。データの一元管理はテスト設定およびテスト結果を管理するための基礎となるため、テストプロセス全体を通じて一貫したデータ管理を実現できます。 

SYNECT

SYNECTは、モデルベース開発およびECUテスト専用に開発されたデータ管理および連携用ソフトウェアツールです。SYNECTは、モデル、信号、パラメータ、テスト、テスト結果や、それぞれの依存関係、バージョンおよびバリアント、全開発プロセスにおける要件などをエンジニアが処理するのをサポートします。オープンAPIを使用すると、SYNECTを既存のITインフラストラクチャやワークフローに統合することができます。