For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ネットワーク化された航空機システムのテスト

適用分野

HIL(Hardware-in-the-Loop)テストシステムは、航空機の実際の部品と相互に連携する複数の航空機システムをリアルタイムでシミュレートする場合など、高度な使用事例もサポートします。このアプローチでは、効率的かつ完全に自動化された統合テストを24時間連続で実行することができます。さらに、極めて重要な飛行シナリオの場合でも、地上の安全なラボ環境においてシナリオを完全に再現することが可能です。HILシミュレータのオープンアーキテクチャにより、このシステムはシンプルなものから複雑なものに至るまで、幅広い用途に適しているため、柔軟なテスト環境によってさまざまなテストシナリオを実行することができます。

重要な側面

この使用事例では、実際の航空機システムを空間も考慮した通常のテストベンチに統合し、実際の航空機のケーブルハーネスと接続する場合に重点を置いています。テストベンチには通常、操縦翼面アクチュエータ、ナビゲーションセンサ、慣性計測装置など、航空機のさまざまな機械コンポーネントも含まれています。主飛行制御システム(PFCS)、フラップ作動システム(FAS)、電力システム(EPS)などのネットワーク化された航空機システムのハードウェアは、複数のdSPACE SCALEXIOシミュレータに接続されています。HILシステムでは、テストの実行に必要なエンジンやアビオニクスシステムなど、通常は実際の航空機のテスト対象システムと接続されるがまだ入手できない航空機システムをリアルタイムにシミュレートすることができます。また、HILシミュレータは、全地球測位システム(GPS)や計器着陸システム(ILS)のデータを含むナビゲーションデータのほか、飛行シナリオをシミュレートする際のエアロダイナミクスに関するデータなどの環境データも提供します。このアプローチにより、柔軟性および費用対効果の高い形で完全に自動化されたテスト環境をサポートすることが可能になり、航空機システムの早期の段階での統合テストを実現することができます。

成功事例