For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

組込みコンポーネントのテスト

適用分野

HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションでは、航空宇宙産業向けのさまざまな実際のコンポーネントをテストすることができます。HILシミュレータのセットアップは極めて柔軟性が高く、動作中にライン交換可能ユニット(LRU)などのテスト対象システムが組み込まれる物理環境の代わりとなります。テスト対象システムによって制御信号をHILシミュレータに送信し、HILシミュレータではシミュレートする環境の応答をリアルタイムに計算し、対応するセンサデータをLRUに返します。このアプローチは一般にクローズドループシミュレーションとして知られており、制御された試験環境で24時間体制で航空宇宙産業用組込みコンポーネントをテストできるため、考えられるほぼすべての飛行状況で、完全に自動化された詳細かつ再現可能なテストを実行することができます。

重要な側面

この使用事例では、dSPACEシステムを使用して、試験ペイロードを搭載した高高度の研究ロケットのミッション全体をシミュレートします。目的はナビゲーションコンピュータの正しい挙動を検証することであり、複数のテストステップで実施されます。最初は、dSPACE SCALEXIO HILシミュレータをナビゲーションコンピュータのみに接続します。このテストフェーズでは、全地球測位システム(GPS)、慣性計測装置(IMU)、恒星追跡器(STR)などのナビゲーション装置はまだ入手できません。このため、これらはHILシステムでシミュレートします。これにより、テスト中にナビゲーションコンピュータに必要なセンサデータが提供されます。その後の検証フェーズでは、実際のナビゲーション装置で対応する仮想ユニットを置き換えます。dSPACEシステムでは、ミッションプロファイルに応じて物理環境を継続してシミュレートするため、ナビゲーション装置では対応するセンサデータをナビゲーションコンピュータに提供することができます。この反復的手法により、完全に自動化されたラボ環境においてあらゆる開発段階で複雑なテストシナリオを再現し、地上の実際のミッションデータに基づいてミッションプロファイル全体を実行することができます。

成功事例