For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ハイブリッドパワートレインのECUネットワークのテスト

適用分野

ハイブリッドパワートレインは、通常、ネットワークで接続された複数のECUで構成されており、制御ロジックはこれらの複数のECUに分散されます。たとえばハイブリッド制御機能と重なる機能は、個別のECUに実装することも、他の機能と組み合わせることもできます。これらの機能には極めて高い信頼性が要求されるため、開発要件やテスト要件も厳しくなります。HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションを実行する際には、すべてのパワートレインECUをHILシミュレータに接続することができます。HILシミュレータには、少なくとも1つのプロセッサボードと、各種のインターフェースボードが備わっています。まだ入手できていないパワートレインの部品は、レストバスシミュレーションを介してエミュレートされます。テストは、通常、複数のCAN FDまたはEthernetネットワークを対象とします。モジュラー方式のdSPACEハードウェアでは、さまざまな用途に合わせてシミュレータを構成できます。現在知られているすべてのハイブリッド車両の方式とECUまたはCAN FDまたはEthernet構成が実現可能です。統合テストでは、車両の他のすべてのECU(ESP ECUなど)を模擬するシミュレータラックを追加することにより、ハイブリッドパワートレインシミュレータを拡張して完全なハイブリットカーとしてシミュレートすることができます。

重要な側面

実際に使用される代表的なハイブリッドパワートレインを構成するには、並列する2つのCAN FDまたはEthernet(パワートレインまたは車両CAN FD/Ethernetと専用のハイブリッドCAN FD/Ethernet接続)を構築する必要があります。パワートレインCAN FDまたはEthernetには、エンジンECUやトランスミッションECUなどの標準的なECUが接続されます。また、これらのメッセージを使用してシミュレート可能なESP ECUなどの他のECUも接続されます。ハイブリッド固有のECUはハイブリッドCAN FDまたはEthernetに接続されます。HILテストでモーターとバッテリのシミュレーションに対応する場合は、安全上の理由から、異なるシミュレータでHILシミュレーションを実施する必要があります。この場合、シミュレータラックはGigalinkを介して接続されます。ビットレート1.25 Gbit/sの光ファイバケーブルを使用したこの高速シリアルデータ伝送により、非常に高速なデータ通信が可能になります。

この構成で可能なテスト分野

  • 広範な通信またはバーチャルビークル全体を含む複雑なECU構造のテスト
  • プロジェクト要件に合わせたdSPACEシミュレータシステムの拡張

成功事例