For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

運転支援システムに対応した環境シミュレーション

適用分野

MotionDeskは、運転支援システム用の現実的なシミュレーションシナリオを提供します。

先進運転支援システム(ADAS)には、他の車両や環境に対処するためのカメラシステム、レーダーセンサ、超音波センサなどを搭載できます。アダプティブクルーズコントロール(ACC)や、交差点ブレーキング、駐車、車線変更、車線維持の支援機能などは、ADASの代表例の一部です。

車線維持支援機能は、ビデオカメラを使用して車両の進行方向の道路を監視し、車両が車線の外に出ないようにステアリングシステムをアクティブに制御します。このような機能を検証するには、条件を変えながらテストを何度も繰り返し実行する必要があります。

また、次のような例もあります。

  • 道路標識認識
  • レーン逸脱警告システム
  • 駐車支援
  • Car2x

dSPACEソリューション

dSPACEは、HIL(Hardware-in-the-Loop)テスト用の現実的なシミュレーションシナリオを提供しているため、道路上でのテストドライブの多くを、ラボ内での仮想テストドライブに置き換えることができます。たとえば、実際のナビゲーションデータ、またはテスト対象のECUに統合されたビデオカメラからのデータに基づいてHILシミュレーションを行うことが可能です。dSPACE Automotive Simulation Models(ASM)ツールスイートは、車両や車載環境センサ、ドライバー、道路、交通環境の各モデルを提供します。さらに、サードパーティ製モデルも統合できます。dSPACEのHILテストソフトウエアであるAutomationDeskはテストの自動化により常時(24/7)テストを実行可能にし、テスト深度および運転支援システムの成熟度の向上を実現します。

その他の情報 製品情報 成功事例