For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ビークルダイナミクスECUのテスト

適用分野

ESP(車両安定化プログラム)などのビークルダイナミクスシステムは、安全性と非常に深く関係しており、テストシステムに対する要件の厳しい包括的なHILテストが必要です。これには、非常に現実的な車両モデルを必要とします。
テストは、個々のECU、および統合型のシャシーシステムなどのネットワーク化された複数のECUの両方に対して行われます。
dSPACEは、ビークルダイナミクスECU向けHILテストシステムの設定について長年の経験があり、お客様に必要なあらゆる面でのサポートを提供します。

構成例の要件

ビークルダイナミクスシステムのECUは、起動後、妥当性チェックおよび機能チェックを行います。ECUが受信するセンサ信号は非常に正確に監視され、問題が発生すると、だたちに停止されるか、または機能が制限されたリンプホーム(limp-home)モードに切り替わります。このため、テストシステムは、信号の品質や信号の種類に関する厳しい要件を満たす必要があります。たとえば、ホイールスピードシミュレーションの場合、現在のインターフェースにプロトコルを付加したり、バルブ電流信号を取得したり、その他のすべてのセンサ信号を適切に合成し、あらゆる状況における現実的な環境をECUに提供する必要があります。
また、ECU筐体に内蔵されたセンサとアクチュエータの処理においても、テストシステムに対するさまざまな要求が生じます。たとえば、バルブ信号検出ユニットは通常、HILシステムに組み込まれます。これらの要件について、以下の例で説明します。

の構成で可能なECUテスト作業

  • 機能テスト、制御方式の妥当性確認
  • 診断機能のテスト
  • ソフトウエアの統合テスト(ECUの全体的な機能性テスト)
  • 受入テストおよびリリーステスト
  • 通信テストおよび分散機能のテスト(ネットワーク上のECUのテスト)

テスト分野の例

  • ESP、ABS、ASR (TCS、トラクションコントロールシステム)...
  • 電子制御パーキングブレーキおよびウェッジブレーキ
  • 電動パワーステアリング(EPAS)
  • アクティブ/アダプティブフロントステアリング(AFS)
  • 無段階可変減衰力制御(CDC)
  • 機械式テストベンチとの相互作用(「センサおよびアクチュエータが内蔵されたECUのテスト」の構成例も参照してください)

製品情報 成功事例