For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

レーダーセンサの迅速なパフォーマンステストおよび妥当性テスト

タスク

量産用レーダー制御ユニットの迅速なパフォーマンステストおよび妥当性テストにより、ADAS/AD(先進運転支援システム/自動運転)の効率的な開発を実現する。

技術的課題

ADAS/AD用アプリケーションソフトウェアの開発では、定義された条件や、特に境界値におけるレーダーセンサ(信号処理ソフトウェアを含む制御ユニット全体)の挙動を把握することが必要です。オブジェクトが検出されるか検出されないかは、それらを利用するソフトウェアの開発における基本事項です。

ソリューション

特定の速度でセンサの挙動を再現する際や、急速に距離が変化するオブジェクトをセンサで検出する場合、さらには特定の検出角度でオブジェクトを検出する場合にDARTSを使用すると、パフォーマンステストと妥当性テストをすばやく実施することができます。定義されたエコーに応じて、それぞれのオブジェクトが実際に検出されたかどうかを判定することができます。新しく開発されたアプリケーションソフトウェアのテストおよび検証は、これに基づいて行います。また、この手順はISO 26262安全規格に準拠した機能安全テストのコンポーネント特性評価との関連においても特に有用です。すばやく実行できる自動化されたテストを利用して、センサチャンネル全体の特性を特定することができます。

  • アンテナ特性
  • 感度
  • 分解能
  • 分離性
  • 線形性

テストフレームワークはセットアップが簡単で使いやすく、再現性に優れています。