For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

  • MATLAB®/Simulink®/Stateflow®によるグラフィカルモデリング
  • オフラインシミュレーションによる、初期フェーズでの妥当性検査
  • Real-Time Interface(RTI)およびConfigurationDeskモデルをハードウェア上でリアルタイムに高速処理
  • TargetLinkによる量産コードの生成
  • モデルコンポーネントの再利用が容易
  • プラントモデルを後工程のHILシミュレーションで再利用可能
  • すべてのモデルコンポーネントの同時テストが可能
効率的な作業方法を提供
今日、多くの企業が、開発期間を短縮しながらも、革新的な製品を生み出していかなければならないという状況にあります。効率的に作業を進めることは、企業がグローバル市場で成功を収めるために不可欠であり、自動車産業、航空宇宙産業、通信分野など、電子制御が新製品の開発にとって死活問題となるハイテク産業では特に切実な問題です。モデルベースの制御設計手法を利用すれば、時間とコストを節約できます。制御システムのエンジニアは、統合ソフトウェア環境で単一機能モデルまたはシステム全体のモデルを使って、設計を行うことができます。モデルベース開発プロセスから生み出されるのは、最適化され、十分なテストにより検証されたシステムです。コンポーネント同士が不適合を起こすリスクはありません。dSPACEシステムは、このような数多くの利点をもつモデルベース設計をサポートします。コントローラの制御アルゴリズムやソフトウェアコンポーネントの内部動作をモデル化する場合、MathWorks®社のMATLAB/Simulink/StateflowやdSPACEのTargetLinkが使用されます。コントローラモデルをdSPACEプロトタイピングシステムに組込むことで、実環境下で動作を検証できます。次にTargetLinkを使用して、これらのモデルから量産コードを直接生成することができます。またTargetLinkは、ソフトウェアアーキテクチャの開発と検証を行うためのdSPACEツールSystemDeskで使用される、ソフトウェアコンポーネントの設計に最適です。SystemDeskでは、複数のソフトウェアコンポーネントを組み合わせて、1つのソフトウェアアーキテクチャを構築することができ、それをシステム全体のモデルの一部として使用できます。
dSPACEのConfigurationDeskを使用すると、プラントモデルおよびI/O機能コードを、dSPACE SCALEXIOハードウェアに実装することができます。

製品情報