Highly accurate environmental sensor simulation Sensor Simulation System Overview

System

Hardware

Software

試験およびビジュアル化 MotionDesk

リアルタイムにシミュレートされるメカニカルシステムの3次元のオンラインアニメーション

dSPACE MotionDeskは、ECUテストでのHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションの結果をビジュアル表示する3Dオンラインアニメーションソフトウェアアプリケーションです。MotionDeskは、SCALEXIOやDS1006などのdSPACEのハードウェアシミュレーションプラットフォームをサポートしています。また、このツールはdSPACE VEOSおよびSimulink®を使用したオフラインシミュレーションもサポートしており、ADASシナリオの開発およびテストに役立つ機能を備えています。これには、レーダーおよびLiDARセンサを開発するためのカメラセンサシミュレーションが含まれています。カメラセンサシミュレーションでは、MotionDeskビデオデータをカメラECUや理想ポイントクラウドセンサモデルに直接供給することができます。

  • 先進運転支援システム(ADAS)のテストをサポート
  • ModelDeskおよびASMとの緊密な統合
  • 直感的でグラフィカルなシーン設計

次の画面を表示

Automotive Simulation Models (ASM) ASM Traffic

トラフィックおよびオブジェクトを使用したリアルタイム環境シミュレーション

ASM Trafficは、車両、交通参加者、トラフィックオブジェクトおよび車両センサをシミュレートするためのモデルです。運転支援システムの開発および妥当性確認を仮想環境で効率的に行うことができます。

次の画面を表示

Automotive Simulation Models (ASM) センサシミュレーション

高精度の環境センサシミュレーション

自動運転車両は、センサを利用して正確に経路を発見します。あらゆる状況でこれを確実に行うため、車両、コントローラおよびセンサは、非常に多様なテストケースを含む仮想テストドライブでテストされ、開発の初期段階で効率的に妥当性確認が行われます。dSPACEは、センサの物理現象および特性に基づく独自の完全なソリューションである「センサシミュレーション」を提供することにより、この要件に正確に対処しています。

次の画面を表示

SCALEXIO SCALEXIOプロセッサユニット

高いコア性能と高い並列処理性能を実現する製品ライン

SCALEXIOプロセッサユニットは、多数のI/Oを有する複雑なモデルを使用した高性能アプリケーションに最適です。このユニットはSCALEXIOラックに取り付けるか、デスク上で使用することができます。

  • 高いコア性能と高い並列処理性能を実現する2つのバージョンを用意
  • 高性能ホストインターフェース
  • マルチプロセッサのサポート

次の画面を表示

SCALEXIO SCALEXIOラックシステム

最大12 HUの既製HILシミュレータ

SCALEXIOラックシステムは、拡張I/O機能を搭載しており、非常に高い柔軟性を提供します。すべてのハードウェアはソフトウェアで設定することができるため、プロジェクト要件の変化に合わせてシステムを容易に適合させることが可能です。

  • 幅広い用途に対応するHILシミュレータ
  • 欠陥生成ユニットを統合
  • シグナルコンディショニングを統合

次の画面を表示

SCALEXIO センサシミュレーションPC

現実的なセンサシミュレーション向けの高性能シミュレーションプラットフォーム

センサシミュレーションPCは、レーダー、LiDAR、およびカメラセンサなどの環境センサの物理ベースモデルを計算するためのdSPACEプラットフォームです。このプラットフォームにより、高度な現実性と高解像度を備えた確実なリアルタイムセンサシミュレーションが可能になります。

次の画面を表示

SCALEXIO 環境センサインターフェースユニット

デジタルデータをカメラ、レーダー、およびLiDAR ECUへ供給

自動運転システムには、複数の環境センサが使用されています。センサのシミュレーションをセンサフュージョンや機能テスト向けのHIL構成で行う場合、個々のセンサのスティミュラス信号を正確に同期させることが必要です。dSPACEの環境センサインターフェースユニットでは、生のセンサデータを1つまたは複数のセンサECUに時間同期した形で供給することができます。

  • 高性能FPGAにより、センサECUに生のセンサデータを同期的に供給可能
  • 長距離および短距離の生データインターフェースへ柔軟に適応
  • LiDAR、レーダーおよびカメラセンサのサポート
  • 50 Gbit/sの合計帯域幅により最大12個のセンサをシミュレーション

次の画面を表示