バイパス処理、機能開発とECUアプリケーションのホワイトボックステストのためのツールおよび手法 ECUインターフェース処理の概要

System

Hardware

Software

量産コード生成
試験およびビジュアル化

実装 ConfigurationDesk

dSPACEリアルタイムハードウェアに対応した設定および実装ソフトウェア

ConfigurationDeskは直感的でグラフィカルな設定/実装ツールであり、SCALEXIOやMicroAutoBox IIIなどのdSPACEリアルタイムハードウェアをベースにしたHILリアルタイムアプリケーションを処理したり、ビヘイビアモデルやI/Oファンクションコードをリアルタイムハードウェア上に実装したりするのに最適です。ConfigurationDeskを使用すると、ECUなどの外部デバイス、設定済みのリアルタイムハードウェアチャンネル、および接続されたビヘイビアモデルを明確に確認できます。

  • リアルタイムアプリケーションをグラフィカルに設定
  • 外部デバイスとビヘイビアモデルインターフェースとの間の信号経路の管理
  • ビヘイビアモデルコードとI/Oファンクションコードを実装

次の画面を表示

試験およびビジュアル化 ControlDesk

電子制御ユニット(ECU)開発向けの汎用的なモジュール型試験および計測用ソフトウェア

ControlDeskは、シームレスなECU開発のためのdSPACE試験用ソフトウェアです。試験に必要なあらゆるタスクを実行し、試験の最初から最後まで一貫した作業環境を提供します。

  • ECUの適合、計測、および診断作業の統合
    (CCP、XCP、ODX)
  • 複数のECUや、RCPおよびHILプラットフォーム、バスシステム全体での同期化されたデータ取得
  • 強力なレイアウト、計器、計測およびポストプロセッシング機能(ASAM MDF)

次の画面を表示

量産コード生成 TargetLink

量産コード生成に対する最も高い要求に対応

量産コード自動生成ツールTargetLink®は、効率の高いCコードをMathWorks® Simulink®/Stateflow®から直接生成し、充実したシミュレーションおよびテスト環境により早期の検証が可能となります。TargetLinkは、効率的なモジュール型の開発環境を提供するよう設計され、ISO 26262、ISO 25119およびIEC 61508準拠の認証を取得しており、高性能なネイティブAUTOSARサポートを提供します。

  • MathWorks® Simulink®/Stateflow®から高品質な量産コードを直接生成
  • 強力な、ソフトウェア設計およびテスト機能
  • ClassicおよびAdaptive AUTOSARを高度でネイティブにサポート

次の画面を表示

試験およびビジュアル化 Variable Editor

Working with ECU description files

The Variable Editor provides a project management framework with the necessary functions for managing a number of variable descriptions. These functions include modifying, editing, importing and exporting variable descriptions.    

  • Create and edit ECU description files (A2L files)
  • Update address information of ECU variables from map files
  • Automate address update and A2L file generation via a command line

次の画面を表示

ECUインターフェース dSPACE ECU Flash Programming Tool

ECU flash programming via measurement and calibration interfaces

The dSPACE ECU Flash Programming Tool lets you program the flash memory of ECUs that are equipped with a DCI‑GSI2, ECUs with XCP on CAN, or ECUs with XCP on Ethernet.   

  • Fast ECU flash programming during development
  • Stand-alone tool or integrated in ControlDesk®
  • Safety mechanisms against operating and programming errors

次の画面を表示

ECUインターフェース dSPACE XCP Service

XCPを介した計測、適合、バイパス処理、およびECUフラッシュプログラミング

dSPACE XCP Serviceは、ECU変数の計測と適合など、ECU開発時のさまざまな用途向けに設計されており、またCANではECUフラッシュプログラミングで使用可能です。dSPACE XCP Serviceは、CAN、USBおよびEthernet(UDP/IPおよびTCP/IP)のトランスポートレイヤーをサポートしています。

  • Support of transport layers for CAN and Ethernet
  • Calibration, measurement and bypassing in parallel
  • Safety and data consistency mechanisms for bypassing

次の画面を表示

ECUインターフェース dSPACE Calibration and Bypassing Service

Measurement, calibration, bypassing, and ECU flash programming

The dSPACE Calibration and Bypassing Service lets you run measurement, calibration, bypassing, and ECU flash programming tasks. The service implementation on the ECU can be tailored with regard to functionality and resource consumption.  

  • Measurement, calibration, ECU flash programming via DCI-GSIs
  • Function bypassing via DCI-GSIs and DPMEM PODs
  • Security and data consistency mechanisms for bypassing

次の画面を表示

ECUインターフェース dSPACE Internal Bypassing Service

Using an existing ECU for function development

The dSPACE Internal Bypassing Service supports service-based bypassing directly on the target ECU. The service can be integrated into the ECU software either by inserting it into the source code manually or by using the ECU Interface Manager.

  • ECU service for internal bypassing and on-target prototyping
  • Compatible with Internal Bypass Plug-In for RTI Bypass Blockset  
  • Only tiny footprint in the ECU RAM and flash 

次の画面を表示

ECUインターフェース ECU Interface Base Package

外部バイパス処理とオンターゲットバイパス処理

ECU Interface Base Packageを使用すると、RCP、HIL、およびフィールドテストの際に量産ECUへリアルタイムでアクセスすることができます。

  • RCP、HIL、およびフィールドテストの際に量産ECUへのリアルタイムアクセスを提供
  • 既存のECU上で直接、または個別のRCPハードウェアを併用して、効率的な機能バイパス処理を実現
  • オプションのBinary Code Management Moduleを使用してソースコードまたはバイナリコードに基づいたECUインターフェースの準備が可能

次の画面を表示

ECUインターフェース ECU Interface Manager

既存のECUコードの機能を準備してECUインターフェースを処理

ECU Interface Base Packageの一部であるECU Interface Managerを使用すると、ECUへのアクセスを設定することができます。また、オプションのBinary Code Management Moduleを使用すると、ECUアプリケーションのHEXファイルに対するECUインターフェース処理に必要な変更を適用することもできます。ECU Interface Managerには、分かりやすいリストベースのビューが用意されています。また、複雑な準備作業を行う場合に備え、ECUアプリケーションを構造化された包括的なビューとしてビジュアル表示することもできます(関数呼び出し、変数アクセス、条件付き領域など)。

次の画面を表示

ECUインターフェース DCI-KLine1 USB-to-K-Line Interface

Robust and compact USB-to-K-Line interface

The DCI-KLine1 (dSPACE calibration interface-KLine1), makes it possible to connect an ECU with implemented diagnostic protocol based on K-Line to your ControlDesk PC for ECU diagnostics and ECU flash programming purposes. The DCI-KLine1 forwards the messages and data from and to the host PC.  

  • Robust design for in-vehicle use
  • Integrated optoisolation
  • Supports 12 V and 24 V power supply networks in the vehicle

次の画面を表示

ECUインターフェース USB-CAN/CAN FD変換モジュールDCI-CAN2

CAN/CAN FDネットワークとホストPCの接続

DCI-CAN2(dSPACE適合インターフェース - CAN2)は、ご使用のホストPCから車両のCAN/CAN FDデータストリームにUSBベースで接続を確立できるようにするためのインターフェースです。

  • ホストPCをCAN/CAN FDネットワークに接続
  • 実車での使用に適した堅牢な設計
  • カスタムアプリケーションへの容易な組み込みを可能にするAPI

次の画面を表示

ECUインターフェース Generic Serial Interface DCI-GSI2

Function bypassing, measurement, ECU calibration and flash programming

The generic serial interface DCI-GSI2 can be used for function bypassing, measurement, ECU calibration, and flash programming. The broad range of available connector adapters lets you connect the DCI-GSI2 to individual electronic control units. 

  • Very low communication latencies for bypassing and high data throughput for measurement
  • Support of standardized XCP on Ethernet interface
  • Connection to a wide range of ECU types through target-specific connector adapters

次の画面を表示

ECUインターフェース DCI-CAN/LIN1

堅牢かつ小型のUSB-LIN/CAN/CAN FDゲートウェイ

DCI-CAN/LIN1変換モジュールを使用して、ホストPCをUSB経由でCAN/CAN FDおよびLINネットワークに接続することができます。

  • 最大2つのCAN/CAN FDネットワークおよび2つのLINネットワークへの接続
  • 小型のホスト給電USBデバイス
  • カスタムアプリケーションへの容易な組み込みを可能にするAPI

次の画面を表示

ECUインターフェース Additional ECU Interface Solutions

Customer-specific DPMEM PODs and on-chip debugging interfaces

Solutions for intrusive, real-time access to the ECU software support use cases in rapid control prototyping, bypassing, white-box testing, and synchronous measurement and calibration applications.

  • Dedicated interfaces tailored to customer-specific use cases
  • Solutions for a wide range of CPUs already available
  • Reliable systems proven in several thousand installations worldwide

次の画面を表示