レーダーモジュール

レーダー信号の現実的なシミュレーション

数学的に公式化された物理法則に基づくセンサ環境のシミュレーション。レーダーデータをさまざまな形式で処理チェーンに挿入することができます。

  • SensorSim 1.1

    より現実的なセンサシミュレーションとパフォーマンスの向上

    詳細

  • AI-in-the-Loop

    現実に即したセンサシミュレーションによりAIベースの自動運転車両を検証する新しいテストシステムを発表

    詳細

  • Cinema for Sensors

    自動運転に関するdSPACEの最新の開発成果

    詳細

  • Objective Capture

    現実的なセンサシミュレーションによる自動運転機能の妥当性確認

    詳細

  • センサシミュレーション:自動運転機能の開発における重要な機能

    このオンラインセミナーでは、グラウンドトゥルースセンサモデルから、GPUベースの物理センサモデルを使用した生データのシミュレーションに至るまで、dSPACEが提供するセンサシミュレーション向けのさまざまなソリューションを紹介します。

    詳細

適用分野

このモジュールは、仮想環境でレーダー信号の現実的な物理ベースのシミュレーションを提供し、さまざまな設定オプションを利用することができます。このモジュールはセンサシミュレーションの一部を構成します。この環境シミュレーションは、光線追跡テクノロジに基づいています。さらに、APIを使用してデータ処理アルゴリズムのためにレーダーシミュレーションの機能を拡張することができます。デフォルトで、2つの処理テンプレートがモジュールに付属しています。1つの処理テンプレートは、衝突オブジェクトの方位角、仰角、距離、相対速度に関する情報を含む光線として環境のチャンネルインパルス応答を返します。さらに、反射された電界が分極行列として返されます。お客様は、このデータをさらに処理して、たとえば、実際のセンサのアナログ/デジタル(ADC)用電圧などの生データを生成することができます。

もう1つの処理テンプレートは、検出リストを返します。環境のレーダー応答が評価され、調整可能な4次元のグリッド(3次元の空間と1次元の速度)で信号がソートされます。

要素と特徴

  • 環境モデル計算のためのリアルタイム対応の光線追跡
    • ホップ数が定義可能なマルチパス伝播
    • 鏡面反射
    • 散漫散乱
  • 固有のGUIを使用するMotionDeskを介した設定
  • センサの測位および方向
  • 周波数、距離およびビーム特性などのレーダー固有のプロパティ

基本情報 製品情報

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き