LiDARモジュール

LiDARセンサの現実的なシミュレーション

数学的に公式化された物理法則に基づくLiDARフロントエンドおよびセンサ環境のシミュレーション。LiDARデータをLAWまたはポイントクラウド形式で処理チェーンに挿入することができます。

  • SensorSim 1.1

    より現実的なセンサシミュレーションとパフォーマンスの向上

    詳細

  • AI-in-the-Loop

    現実に即したセンサシミュレーションによりAIベースの自動運転車両を検証する新しいテストシステムを発表

    詳細

  • Cinema for Sensors

    自動運転に関するdSPACEの最新の開発成果

    詳細

  • Objective Capture

    現実的なセンサシミュレーションによる自動運転機能の妥当性確認

    詳細

  • センサシミュレーション自動運転機能の開発における重要な機能

    このオンラインセミナーでは、グラウンドトゥルースセンサモデルから、GPUベースの物理センサモデルを使用した生データのシミュレーションに至るまで、dSPACEが提供するセンサシミュレーション向けのさまざまなソリューションを紹介します。

    詳細

適用分野

LiDARモジュール – センサシミュレーションの不可欠な要素 – センサ(レーザーおよび光検出器)の設計原理に基づくLiDARセンサシミュレーションが可能。このモジュールは、LiDARセンサの物理ベースのシミュレーションを提供し、さまざまな設定オプションを利用することができます。この環境シミュレーションは、レイトレーシングテクノロジに基づいています。さらに、APIを使用してデータ処理アルゴリズムのためにLiDARシミュレーションの機能を拡張し、カスタムセンサモデルを含めることができます。ポイントクラウドの各ポイントで、面法線ベクトル、方位角、仰角、距離、反射率、相対速度、マテリアルID、および屈折力などのさまざまな値が計算されます。さらに、スキャニングセンサの光線クロノロジをシミュレートし、設定することができます。複数のエコー(半透明物質の透過などから)も考慮されます。

要素と特徴

  • 環境モデル計算のためのリアルタイム対応のレイトレーシング
  • 複数のエコーを考慮
  • フラッシュベースおよびスキャニングセンサのサポート
  • センサ固有のGUIを使用するMotionDeskを介した基本的なセンサの設定
    • センサの測位および方向
    • 視野
    • シミュレートされる光線の方位角、仰角、時間、および時系列の順序などのセンサ固有のプロパティ

基本情報 製品情報 動画

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き