カメラモジュール

カメラおよび魚眼レンズカメラセンサの現実的なシミュレーション

数学的に公式化された物理法則に基づく前後カメラおよびセンサ環境のシミュレーション。イメージャチップ後方のエレクトロニクスにデータをLAW形式で挿入することができます。

  • SensorSim 1.1

    より現実的なセンサシミュレーションとパフォーマンスの向上

    詳細

  • AI-in-the-Loop

    現実に即したセンサシミュレーションによりAIベースの自動運転車両を検証する新しいテストシステムを発表

    詳細

  • Cinema for Sensors

    自動運転に関するdSPACEの最新の開発成果

    詳細

  • Objective Capture

    現実的なセンサシミュレーションによる自動運転機能の妥当性確認

    詳細

  • センサシミュレーション自動運転機能の開発における重要な機能

    このオンラインセミナーでは、グラウンドトゥルースセンサモデルから、GPUベースの物理センサモデルを使用した生データのシミュレーションに至るまで、dSPACEが提供するセンサシミュレーション向けのさまざまなソリューションを紹介します。

    詳細

適用分野

カメラモジュールは、カメラベースの運転支援および自動運転機能のシミュレーションおよび妥当性確認のために設計されています。このモジュールはセンサシミュレーションの不可欠な要素を構成します。このソフトウェアモジュールにより、イメージャチップの光伝播および計測原理に基づくカメラシミュレーションが可能になります。このモジュールは、カメラセンサの現実的な物理ベースのシミュレーションを提供し、さまざまな設定オプションを利用することができます。さらに、APIを使用してデータ処理アルゴリズムのためにカメラシミュレーションの機能を拡張し、カスタムモデルを含めることができます。カメラモジュールは、複数のイメージャチップと複数のカメラを使用したシミュレーションをサポートし、360°の視界を提供します。

要素と特徴

  • モノ(単眼)およびステレオカメラ
  • RGB(24ビット)
  • ベイヤーパターン(12および24ビット)
  • レンズの歪み(魚眼レンズなど)
  • 色収差
  • 口径食

基本情報 製品情報

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き