高度なネイティブAUTOSARサポート

Classic AUTOSARソフトウェアコンポーネント(SWC)の設計

オプションのTargetLink AUTOSARモジュールは、TargetLinkのモデリング、シミュレーション、およびコード生成機能を、Classic AUTOSARソフトウェアコンポーネント(SWC)の設計時に利用できるようにします。開発者はTargetLink AUTOSARブロックライブラリを使用して、ランナブル、ポート、および通信インターフェースなどのClassic AUTOSARの構成要素をモデルレベルで容易に指定することができます。

Classic AUTOSAR SWCのモデリング

Classic AUTOSARランナブルを定義するために、FunctionブロックはClassic AUTOSAR Runnableとして指定され、通常のTargetLink機能とまったく同じようにモデル化されたサブシステムに適用されます。1つまたは複数のSWCのランナブル間でどのようにデータ交換を行うかを定義するために、TargetLink入力ポートおよび出力ポートは、非AUTOSARアプリケーションとまったく同じように使用されます。TargetLinkは、すべてのClassic AUTOSAR通信メカニズムの大部分をサポートしています。

専用のブロックダイアログからData Dictionaryで指定されているClassic AUTOSARオブジェクトを参照

プロパティ指定はブロックレベルでも、TargetLink Data Dictionary経由でも可能です。同じモデルを使用して、Classic AUTOSAR準拠コードと標準のTargetLinkコードのどちらも生成できます。

Classic AUTOSAR準拠コードの生成

TargetLinkはClassic AUTOSARソフトウェアコンポーネントのための量産コードを生成し、最適化に必要なコード生成オプションをすべて提供します。Classic AUTOSAR規格に従い、モデリングされたランナブルはC関数として実装され、TargetLink入力ポートと出力ポートで指定されたClassic AUTOSAR通信メカニズムはRuntime Environment(RTE)マクロとして実装されます。

Classic AUTOSAR SWCのシミュレーションとテスト

TargetLinkを使用して、3つのシミュレーションモードすべてでSWCをシミュレートすることができます。

  • MIL(Model-in-the-Loop)
  • SIL(Software-in-the-Loop)
  • PIL(Processor-in-the-Loop)

1回のシミュレーションの実行で複数のSWCをシミュレートできます。SWC間の通信はSimulink設計環境でサポートされている範囲でシミュレートされます。

便利な機能および用途(例)

機能 説明 利用効果
  • SWCデスクリプションファイルのインポートおよびエクスポート
  • コンポーネントデスクリプションファイルの作成とClassic AUTOSAR XML形式でのエクスポート
  • TargetLink Data Dictionaryからの既存コンポーネントデスクリプションファイルのインポートおよびマージ
  • SystemDeskなどのツールを使用したシームレスなClassic AUTOSAR開発プロセス
  • Classic AUTOSARフレームモデルの生成
  • 関連するClassic AUTOSARポートやランナブルが含まれたフレームモデルの生成
  • 開発者はモデルフレームに制御アルゴリズムを挿入して、Classic AUTOSARソフトウェアコンポーネントを完成させることが可能
  • 既存のモデルをClassic AUTOSARに容易に移行
  • 新規のモデリングが容易
  • 標準的なTargetLinkモデルのClassic AUTOSARへの移行
  • TargetLink AUTOSAR Migration Toolにより、個々のサブシステムをClassic AUTOSARランナブルに自動変換
  • Classic AUTOSARプロパティの柔軟な指定をサポート
  • 極めて高い柔軟性で既存のソフトウェアを部分的に再利用することが可能

Classic AUTOSARツールチェーン内のTargetLink

Classic AUTOSARソフトウェア開発のために、TargetLinkは一般的にSystemDeskなどのAUTOSARアーキテクチャツールと組み合わせて使用されます。アーキテクチャツールを使用して、複数のコンポーネントで構成されるソフトウェアアーキテクチャを指定し、TargetLinkは個々のSWCのコードを生成し、実装するために使用します。それらの2つのツールは、Classic AUTOSAR XMLファイルに基づいてデータを交換します。Classic AUTOSARラウンドトリップでは、ソフトウェアアーキテクチャを開始点とするトップダウンアプローチだけでなく、TargetLink制御モデルを開始点とするボトムアップアプローチも可能です。AUTOSARアーティファクトを比較して手作業または自動でマージできる新製品のdSPACE AUTOSAR Compareを追加で使用すると、このAUTOSARラウンドトリップを簡素化および自動化することができます。

Adaptive AUTOSARの量産コード

With the optional TargetLink Adaptive AUTOSAR Module, TargetLink offers model-based code generation for functional parts of Adaptive AUTOSAR applications. TargetLink 5.1 supports selected features of the Adaptive AUTOSAR Release 19-11 standard. The following additional features are supported with TargetLink 5.1 compared to TargetLink 5.0:

  • Import of Adaptive AUTOSAR ARXMLs with elements defined by ara::per
  • Modeling of select parts of a service-based communication as described by ara::com:
    • Sending and receiving events as defined in Adaptive AUTOSAR release 18-10.
    • SIL simulation of Adaptive AUTOSAR components.
  • Modeling of select parts of access to persistent memory as described by ara::per:
    • Read and write access to key-value pairs with an AdaptivePlatformType from key-value storages via Data Store blocks.

A demo model that showcases the different modeling styles for Adaptive AUTOSAR communication is provided. Additionally, a new guide (Adaptive AUTOSAR modeling guide) for the user documentation is available.

その他の情報 製品情報

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き