高品質な量産コードの生成

コード品質が重要である理由

ラピッドコントロールプロトタイピングでは、新たなコンセプトをテストする際に開発者が多大な自由度を保持しておく必要があります。そのような場合に使用されるコードと比べ、車両や飛行機における電子制御またはその他のあらゆる実用的な産業アプリケーションで使用される量産コードは、品質の面で極めて厳しい要件を満たす必要があります。たとえば開発者は、コードが高度に最適化されていること、他のソフトウェアと容易に統合できること、保守を容易にするため現在および将来において読みやすいこと、要件やモデル、コード間のあらゆる依存関係が明瞭で理解しやすいこと、およびコードが関連する規格に準拠していることを確認する必要があります。つまり、最高の信頼性、効率性、安全性、保守性、トレーサビリティが必要であり、生成プロセスに関しては再現性(すなわち、同一のモデルからは同一のコードが生成されること)も求められます。

TargetLinkによる高品質な量産コードの実現

量産コード生成ツールであるdSPACE TargetLinkは、高品質なコードを常に保証する極めて強力なソフトウェアシステムであり、さらには個別の要件や関連する規格を考慮に入れることもできます。TargetLinkの機能は広範に及ぶにもかかわらず、量産コード生成の一般的な手順はわかりやすく、プロセスを個別の環境に適合させるための多数のオプションがあります。一般的な手順には、制御設計、(シミュレーションに基づいた)反復的な妥当性確認と検証、およびECUでのコード統合などがあります。また、TargetLinkは他のdSPACEツールや他のベンダー製のツールとの相性もよく、これらを組み合わせることでTargetLinkエコシステムを構成することができます。

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き