For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

TargetLink

量産コード生成に対する最も高い要求に対応

量産コード自動生成ツールTargetLinkは、効率の高いCコードをMathWorks® Simulink®/Stateflow®から直接生成し、充実したシミュレーションおよびテスト環境により早期の検証が可能となります。TargetLinkは、効率的なモジュール型の開発環境を提供するよう設計され、ISO 26262、ISO 25119およびIEC 61508準拠の認証を取得しており、高性能なネイティブAUTOSARサポートを提供します。

  • TargetLink 5.0

    AUTOSAR Adaptive Platform用の量産コード

    詳細

  • Simulink®モデルでMATLAB®コードをサポート

    この新しいオプショナルモジュールは、dSPACE Release 2018-BとTargetLink 4.4で利用できます。

    詳細

  • ISO 26262 2nd Editionに対応

    TÜV SÜDでは、認定済みのすべてのTargetLinkバージョンが、ISO 26262 2nd Editionに準拠した安全関連システムの開発に適すると予想しています。

  • WABCO社:セーフティクリティカルな運転支援システムを開発するための効率的なプロセス

    dSPACE TargetLinkおよびSystemDeskを使用したAUTOSARおよびISO 26262準拠の開発

    詳細

  • FAW社:未来の電気自動車およびハイブリッド車のためのAUTOSARベースの開発

    dSPACEツールがサポートする新たな推進テクノロジの実装

    詳細

  • 新型「プリウス」:トヨタ自動車の開発を支えるTargetLink

    dSPACE社の自動コード生成ツールTargetLinkとBTC社の要求仕様検証ツールを採用し、制御ソフトウェア開発プロセスを刷新

    詳細

  • TargetLinkエコシステムによりMISRA Cに容易に対応

    このオンラインセミナーでは、モデルベース開発プロジェクトでMISRA C:2012の要件を満たすためのTargetLinkエコシステムの効率的な活用方法をご確認いただけます。また、dSPACE TargetLink、MES MXAM、およびAbsInt AstréeがMISRAへの準拠のためにどのように連携しているかについても確認できます。

    詳細

  • TargetLinkによるオンターゲットバイパス処理

    このオンラインセミナーの記録では、開発の初期段階から量産コードの制約を考慮しながら自動車機能開発とプロトタイピングをする方法について解説します。量産コード生成ツールであるTargetLinkとdSPACE ECUインターフェースソフトウェアを組み合わせて使用すると、量産ECUにオンターゲットバイパス処理を適用することができます。これにより、常に量産を考慮した開発を行い、プロジェクトのリスクを低減することができます。

    詳細

  • Living MBD

    20年にわたるモデルベース開発の利点

    この録画版オンラインセミナーでは、最新のモデルベースソフトウェア開発に関するdSPACEオンラインセミナーシリーズを紹介します。このシリーズでは、過去20年間におけるお客様の主な課題とそれらの課題に対するdSPACEの回答について、概要を示しています。

    詳細

  • dSPACE TargetLink Celebrates 20th Anniversary

    The global auto industry has been relying on the dSPACE TargetLink code generator for 20 years to help its users quickly and automatically develop control software for everything from power windows to powertrains. Read more in the AutoBeat Daily Viewpoint!

    Read more

  • 20 Years of TargetLink

    TargetLink has been generating highly efficient code for series production quickly and reliably for 20 years. Read more in the dSPACE Magazine 2/2019!

    Read more

  • TargetLinkの進化はこれからも続きます。

    1999年以降、TargetLinkは極めて効率性の高いコードを量産で使用するためのサポートをお客様に提供しています。

    詳細

適用分野

モデルベース設計は、多くの業界で確立した開発手法となっています。量産コード生成は、モデルを効率的で量産可能なコードに変換するステップです。TargetLinkは、Simulink/Stateflowのグラフィカル開発環境から直接、量産コード(Cコード)を生成します。シンプルなANSI Cコードから、AUTOSARプラットフォームの固定小数点演算または浮動小数点演算向けに最適化されたコードまで、広範なCコード生成オプションを用意しています。このような柔軟なコード生成オプションによって、プロセッサの制約に応じた量産コードを生成できます。

主な特長

TargetLinkでは、グラフィカルなモデルを直接、そして確実に高品質な量産コードに変換することができます。TargetLinkには、次のような数多くの利点があります。

  • 実績のあるツールおよびコード – 数多くの量産プロジェクトおよび何百万台もの車両に搭載
  • クラス最高のコード – 高い効率性、さまざまな設定が可能、モデル/コードの依存関係を完全に追跡可能
  • TargetLink Data Dictionaryなどを備えた強力なソフトウェア設計機能
  • プッシュボタンMIL(Model-in-the-Loop)/SIL(Software-in-the-Loop)/PIL(Processor-in-the-Loop)シミュレーションコンセプトにより、ソフトウェア検証が容易 – コンセプトおよびコードを早期段階で検証し、コストのかかるECUソフトウェアのエラーを回避
  • 自動車およびその他の産業に最適
  • AUTOSARおよび非AUTOSARのプロジェクトに最適
  • モデル設計、妥当性確認、および検証用の強力なパートナーツール(TargetLinkエコシステム)
  • ISO 26262、ISO 25119、IEC 61508およびこれらの派生規格に関する認定
  • シミュレーションソフトウェアVEOS、およびシステムアーキテクチャソフトウェアSystemDeskとのツール統合
  • dSPACEのECUインターフェースソフトウェアと組み合わせてオンターゲットバイパス処理を行うのに最適 – 機能開発と量産開発の間のギャップを縮小

主な特徴と利用効果

機能 説明 利用効果

コードの効率性

  • Simulink®/Stateflow®から直接、効率的な固定小数点または浮動小数点量産コードを生成(MATLABコードもサポート、オプションモジュールを参照)
  • モデルによる仕様書を効率的なCコードに直接変換
コードの信頼性
  • モデルからテスト済みCコードへの一貫性と決定性を備えた変換
  • タイプミス、見落とし、誤解などによるエラーを防止
読みやすさ
  • 簡潔かつ読みやすいコード
  • コードレビューが容易
自動スケーリング
  • 信号範囲の伝播のワーストケースに基づく高度なスケーリング、およびシミュレーションに基づくスケーリング
  • 長い時間を要する、エラーの起こりやすいスケーリングプロセスを短縮
テストのメカニズム
  • 仕様に対して量産コードをテストするためのさまざまなテストレベル(MIL、SIL、PIL)
  • 初期段階で異常を発見
インクリメンタルコード生成
  • モジュール単位のコード生成(特定のサブシステム用など)
  • より高速なコード生成、承認済みコードを維持
モデルリファレンス機能のサポート
  • モジュールまたはコンポーネント単位のモデル開発
  • 大規模なチームによる分散開発を格段に容易化、大きなモデルを効率的に処理
マルチレートコード
  • タスク間通信を備えたマルチレートシステムの完全なサポート
  • タスクをブロックレベルで定義可能
TargetLink Data Dictionary
  • 変数、データ構造、スケーリング式、タスク、関数を扱うためのコンテナ
  • プロジェクトの計画と構造化を行うための複雑なデータ管理が可能
Data Dictionaryからコードを直接生成
  • TargetLinkモデルから独立したData Dictionary変数用のコードファイルとA2Lファイルの生成
  • 複数のTargetLinkモデル、サブシステム、レガシー変数からのコードのソフトウェア統合および統合テストの簡略化
TargetLink Blockset
  • TargetLinkをインストールしなくても使用できる、無料のTargetLink Blockset(スタンドアロン)
  • 大きなワークグループで追加のTargetLinkライセンスを購入しなくてもTargetLinkモデルに対する作業が可能
規格への準拠
  • 関連規格に準拠(ASAM-MCD 2MC (ASAP2)、AUTOSAR、MISRAなど)
  • 保証された品質と相互運用性
AUTOSARサポート
  • AUTOSARソフトウェアコンポーネント(SWC)向けのモデリングとコード生成、およびSWCデスクリプションの生成をサポート
  • TargetLinkにより、モデルベースの設計からAUTOSAR準拠のソフトウェア開発までをシームレスに実行
適合ツール用データの生成
  • 適合データを適合ツール用にASAM-MCD 2MC(ASAP2)ファイルとしてエクスポート
  • モデルと適合データとの間の完全な一貫性を維持する自動化された完全なプロセス
ドキュメント
  • モデルおよびコードドキュメントの自動生成
  • 透過的で追跡可能なプロジェクト
AUTOSARソフトウェアコンポーネント(SWC)コンテナの交換
  • TargetLinkおよびSystemDesk間のAUTOSAR SWCコンテナの交換
  • AUTOSARソフトウェア開発の安全で効率的なラウンドトリップ
  • 適切なソフトウェア統合テストのためのSystemDeskシミュレーションへのアクセス
コンポーネントベース開発
  • ポート、計測信号、および適合パラメータ用の革新的なインターフェースコンセプト
  • さまざまなプロジェクト間でのソフトウェアの再利用性の向上
dSPACE VEOSとの接続
  • TargetLinkからバーチャルECUをエクスポートし、他のバーチャルECUやControlDeskなどの標準dSPACEツールと組み合わせてVEOSで実行します。
  • TargetLinkコードによる簡単なテストや試験
FMIのサポート
  • Functional Mock-up Interface(FMI)規格をベースとしたTargetLinkモデルからのFunctional Mock-up Unit(FMU)のエクスポート
  • サードパーティ製およびdSPACE製のオフラインシミュレータやリアルタイムシミュレータでTargetLinkから生成したコードを実行
オンターゲットバイパス処理
  • 既存のECUに新しい機能を直接統合(TargetLinkおよびdSPACE ECUインターフェースソフトウェアを使用)
  • プロトタイピングから量産へのシームレスな移行
  • 複雑なソフトウェア統合が不要

弊社のエンジニアリングポートフォリオでは、以下の特別なTargetLinkお客様サービスを提供しています。

  • TargetLinkの導入期間中の実地サポート
  • 評価期間中およびパイロットプロジェクト時のサポート
  • ユーザ個別のTargetLinkトレーニング
  • 開発プロセスへのTargetLinkの統合
  • モデルの分析と助言
  • AUTOSARに準拠したソフトウェアコンポーネントの開発およびインテグレーションのサポート
  • ECUのソフトウェア環境への生成されたコードのインテグレーションのサポート
  • ツールチェーンの開発と保守
  • プロセスコンサルティング

その他の情報 動画 プレス リリース サポート トレーニング お問い合わせ