For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

TargetLink

量産コード生成に対する最も厳しい要求に対応

量産コード自動生成ツールTargetLinkは、効率の高いCコードをMATLAB®/Simulink®/Stateflow®から直接生成し、充実したシミュレーションおよびテスト環境により早期の検証が可能となります。TargetLinkは、効率的なモジュール型の開発環境を提供するよう設計され、ISO 26262、ISO 25119およびIEC 61508準拠の認証を取得しており、高性能なネイティブAUTOSARサポートを提供します。

  • ISO 26262 2nd Editionに対応

    TÜV SÜDでは、認定済みのすべてのTargetLinkバージョンが、ISO 26262 2nd Editionに準拠した安全関連システムの開発に適すると予想しています。

  • TargetLink 4.3

    大規模なモデルを完全に制御

    詳細

  • TargetLinkがISO 25119規格に準拠

    TÜV SÜD社(ドイツの国際的第三者認証機関)では、TargetLinkが農業や林業向けのトラクタや工作機械に関する安全関連ソフトウェアの開発での使用に適していることを承認しました。

    詳細

  • SAME: Innovative Front Wheel Suspension for Specialty Tractors

    Production code generated with TargetLink

    Read more

  • Jaguar Land Rover: Virtual Validation

    TargetLink for software component (SWC) development and production code generation

    Read more

  • 新型「プリウス」:トヨタ自動車の開発を支えるTargetLink

    dSPACE社の自動コード生成ツールTargetLinkとBTC社の要求仕様検証ツールを採用し、制御ソフトウェア開発プロセスを刷新

    詳細

  • MISRA C Made Easy with the TargetLink Ecosystem

    In this Webinar you will learn how to efficiently exploit the TargetLink Ecosystem to meet MISRA C:2012 requirements in your model-based development projects. You will also see how dSPACE TargetLink, MES MXAM, and AbsInt Astrée work jointly towards MISRA compliance.

    詳細

  • TargetLinkによるオンターゲットバイパス処理

    このオンラインセミナーの記録では、開発の初期段階から量産コードの制約を考慮しながら自動車機能開発とプロトタイピングをする方法について解説します。量産コード生成ツールであるTargetLinkとdSPACE ECUインターフェースソフトウェアを組み合わせて使用すると、量産ECUにオンターゲットバイパス処理を適用することができます。これにより、常に量産を考慮した開発を行い、プロジェクトのリスクを低減することができます。

    詳細

  • Solving the complexity puzzle

    機能開発の多くは、さまざまな開発パートナーの多数のソフトウェア開発者で構成された作業グループ間で行われています。このことが開発プロセスにとって大きな課題となってきました。そのため、効率的なモデルベースのソフトウェア開発を行うための信頼性の高いツールチェーンが非常に重要になります。Simulink/TargetLinkとModel Engineering Solutions社製のツールが、最適なソリューションを提供します。

    詳細

  • 重大なエラーを安全に回避

    モデルベース開発では、ソフトウェアは高度な抽象レベルで、つまりモデルとして開発されます。さらにCコードの実装はモデルから自動的に生成されます。高度な抽象化により、直感的なアプリケーション開発が可能になり、開発効率が向上します。ただし、システムの安全性を検証するには、モデルレベルを考慮するだけでは不十分で、Cコードのプロパティやバイナリのマシンコードのプロパティさえも検討する必要があります。

    詳細

適用分野

モデルベース設計は、多くの業界で確立した開発手法となっています。量産コード生成は、モデルを効率的で量産可能なコードに変換するステップです。TargetLinkは、MATLAB®/Simulink/Stateflowのグラフィカル開発環境から直接、量産コード(Cコード)を生成します。シンプルなANSI Cコードから、AUTOSARプラットフォームの固定小数点演算または浮動小数点演算向けに最適化されたコードまで、広範なCコード生成オプションを用意しています。このような柔軟なコード生成オプションによって、プロセッサの制約に応じた量産コードを生成できます。

主な特長

TargetLinkでは、グラフィカルなモデルを直接、そして確実に高品質な量産コードに変換することができます。TargetLinkには、次のような数多くの利点があります。

  • 実績のあるツールおよびコード – 数多くの量産プロジェクトおよび何百万台もの車両に搭載
  • クラス最高のコード – 高い効率性、さまざまな設定が可能、モデル/コードの依存関係を完全に追跡可能
  • TargetLink Data Dictionaryなどを備えた強力なソフトウェア設計機能
  • プッシュボタンMIL(Model-in-the-Loop)/SIL(Software-in-the-Loop)/PIL(Processor-in-the-Loop)シミュレーションコンセプトにより、ソフトウェア検証が容易 – コンセプトおよびコードを早期段階で検証し、コストのかかるECUソフトウェアのエラーを回避
  • 自動車およびその他の産業に最適
  • AUTOSARおよび非AUTOSARのプロジェクトに最適
  • モデル設計、妥当性確認、および検証用の強力なパートナーツール(TargetLinkエコシステム)
  • ISO 26262、ISO 25119、IEC 61508およびこれらの派生規格に関する認定
  • Tool integration with the the simulation software VEOS and the system architecture software SystemDesk
  • dSPACEのECUインターフェースソフトウェアと組み合わせてオンターゲットバイパス処理を行うのに最適 – 機能開発と量産開発の間のギャップを縮小

Main Features and Benefits

 

Feature Description Benefit

Code efficiency

  • Efficient fixed-point or floating-point production code directly from MATLAB/Simulink/Stateflow
  • Your specifications models and diagrams are directly translated into efficient C code
Code reliability
  • Consistent, deterministic translations of models into stress-tested C code
  • Errors such as typing errors, oversights, misunderstandings are avoided
Human readability
  • Concise, yet readable code
  • Code reviews are easy to perform
Automatic scaling
  • Intelligent scaling based on worst-case propagation of signal ranges and simulation-based scaling
  • Shortens the time-consuming and error-prone scaling process
Test mechanisms
  • Various test levels to test the production code against the specification (MIL, SIL, PIL)
  • Malfunctions are found at the earliest stage
Incremental code generation
  • Modular code generation, i.e., for specific subsystems
  • Faster code generation, preserving approved code
Model referencing support
  • Developing models on a modular/component basis
  • Distributed development by large teams is much easier, and large models can be handled more efficiently.
Multirate code
  • Full support of multirate systems with intertask communication
  • You can define tasks at block level
TargetLink Data Dictionary
  • Central container to handle variables, data structures, scaling formulas, tasks, functions
  • You can manage complex data to plan and structure your projects
Code generation straight from the Data Dictionary
  • Generation of code files and A2L files for Data Dictionary variables independently of their use in TargetLink models
  • Simplified software integration and integration testing for code from multiple TargetLink models/subsystems and legacy variables
TargetLink Blockset
  • The free TargetLink Blockset (stand-alone) can be used without having the Base Suite installed
  • Large workgroups can work with TargetLink models without the need for additional TargetLink licenses
Compliance with standards
  • Compliance with relevant standards such as ASAM-MCD 2MC (ASAP2), AUTOSAR, MISRA, and OSEK
  • Quality and interoperability guaranteed
AUTOSAR support
  • Support for modeling and code generation for AUTOSAR software components (SWC), and generation of SWC descriptions
  • TargetLink bridges the gap between model-based design and AUTOSAR-compliant software development
Calibration data generation
  • Calibration data exported as ASAM-MCD 2MC (ASAP2) file for calibration tools
  • Automated and complete process with perfect consistency between model and calibration data
Documentation
  • Automatic model and code documentation
  • Your projects are transparent and trackable
AUTOSAR software component (SWC) container exchange
  • Exchanging AUTOSAR SWC containers between TargetLink and SystemDesk
  • Safe and convenient round trips for AUTOSAR software development
  • Access to SystemDesk simulation for proper software integration testing
Component-based development
  • Innovative interface concept for ports, measurement signals and calibration parameters
  • Easily increase software reuse across different projects
Connection to dSPACE VEOS
  • Export virtual ECUs from TargetLink and run them in VEOS in combination with other virtual ECUs and standard dSPACE tools like ControlDesk
  • Easy testing and experimenting with TargetLink code
FMI support
  • Export of Functional Mock-up Units (FMUs) from TargetLink models based on the Functional Mock-up Interface (FMI) standard
  • Execution of TargetLink-generated code with offline and real-time simulators from third parties and dSPACE
On-Target Bypassing
  • Integrating new functions directly into existing ECUs (using TargetLink and dSPACE ECU interface software)
  • Seamless transition from prototyping to series production
  • No need to perform complex software integration

弊社のエンジニアリングポートフォリオでは、以下の特別なTargetLinkお客様サービスを提供しています。

  • TargetLinkの導入期間中の実地サポート
  • 評価期間中およびパイロットプロジェクト時のサポート
  • ユーザ個別のTargetLinkトレーニング
  • 開発プロセスへのTargetLinkの統合
  • モデルの分析と助言
  • AUTOSARに準拠したソフトウェアコンポーネントの開発および組込みのサポート
  • ECUのソフトウェア環境への生成されたコードの組込みのサポート
  • ツールチェーンの開発と保守
  • プロセスコンサルティング

その他の情報 動画 プレス リリース サポート トレーニング お問い合わせ