For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

TargetLink

量産コード自動生成ツール

TargetLinkは、MATLAB®/Simulink/Stateflowのグラフィカルな開発環境から直接、量産コード(Cコード)を生成するソフトウェアシステムです。

  • TargetLink:機能開発と量産開発の融合

    dSPACE量産コード生成ツールの戦略的拡張

    詳細

  • TargetLinkがISO 25119規格に準拠

    TÜV SÜD社(ドイツの国際的第三者認証機関)では、TargetLinkが農業や林業向けのトラクタや工作機械に関する安全関連ソフトウェアの開発での使用に適していることを承認しました。

    詳細

  • 航空宇宙産業向けのTargetLink

    航空産業におけるソフトウェア開発の次世代規格であるDO-178Cに準拠することにより、モデルベースの設計およびコードの自動生成という手法は、航空宇宙分野で使用されていくための強固な基盤を持つことができます。DO-331は、モデルベース開発手法およびその検証に関してDO-178CおよびDO-278Aを補足するドキュメントとして特別に作成されており、この規格の一部でもあります。

  • ZF Friedrichshafen社: 多数のバリアントのハンドリング

    TargetLinkにより、トランスミッションECU向けのソフトウェア開発プロセスを効率化

    詳細

  • 新型「プリウス」:トヨタ自動車の開発を支えるTargetLink

    dSPACE社の自動コード生成ツールTargetLinkとBTC社の要求仕様検証ツールを採用し、制御ソフトウェア開発プロセスを刷新

    詳細

     

  • Electric and Safe

    Mercedes-Benz Research & Development North America社は、dSPACE TargetLinkの戦略パートナーであるModel Engineering Solutions社と協力し、dSPACE TargetLinkを使用した量産コードの自動生成のためのモデリングで必要となるテストをの自動的に実行に関するする適合ルールを開発しました。これらのルールは、ISO 26262規格の主要な要件に準拠しています。


    詳細

  • On-Target Bypassing with TargetLink

    In this webinar recording, dSPACE demonstrates how to perform automotive function development and prototyping with an early focus on production code constraints. By using the production code generator TargetLink together with dSPACE ECU interface software to use a production ECU for on-target bypassing, users can keep a clear production focus and reduce project risks.

    詳細

     

  • dSPACE TargetLinkおよびSYNECTにより、モデルベースの開発手法が新たな段階へ

    この無料オンラインセミナーでは、設計や自動コード生成、テストをモデルベースで効率的かつスムーズに行う方法に関するdSPACEのデモを見ることができます。多数のユーザを抱え、大規模かつ分散型の開発環境に置かれたチーム間で上記を実現するためには、dSPACEのデータ管理および連携プラットフォームであるdSPACE SYNECTをdSPACEのMATLAB®/Simulink®ベースの量産コード生成ツールであるTargetLinkに統合します。


    詳細

  • モデルベース設計とコードの自動化を使用したDO-178Cの習得

    モデルベース設計とコードの自動生成は、組込みシステムのソフトウェア開発やDO-178C要件への適合のための最も効率的な手法です。dSPACEの最新コード生成ツールTargetLink®およびその関連するツールチェーンは、ソフトウェアの品質、プロセス効率、および認定プロセスに直ちに影響を与える組込みシステムの固有の開発環境を提供します。詳しくは、このオンラインセミナーにご参加ください。


    詳細

  • Solving the complexity puzzle

    機能開発の多くは、さまざまな開発パートナーの多数のソフトウェア開発者で構成された作業グループ間で行われています。このことが開発プロセスにとって大きな課題となってきました。そのため、効率的なモデルベースのソフトウェア開発を行うための信頼性の高いツールチェーンが非常に重要になります。Simulink/TargetLinkとModel Engineering Solutions社製のツールが、最適なソリューションを提供します。

    詳細

  • 重大なエラーを安全に回避

    モデルベース開発では、ソフトウェアは高度な抽象レベルで、つまりモデルとして開発されます。さらにCコードの実装はモデルから自動的に生成されます。高度な抽象化により、直感的なアプリケーション開発が可能になり、開発効率が向上します。ただし、システムの安全性を検証するには、モデルレベルを考慮するだけでは不十分で、Cコードのプロパティやバイナリのマシンコードのプロパティさえも検討する必要があります。

    詳細

  • Simulink/TargetLinkバージョン変更の完全自動検証

    新しい製品バージョンの導入やITインフラストラクチャの変更を行うと、既存のモデルや制御ロジックを新しいバージョンのMATLAB®、TargetLink®、またはWindows®に移行する必要が生じます。TargetLink戦略パートナーであるBTC Embedded Systems AGは、ソリューションとして、導入が容易で高度に統合され、完全に自動化されたBTC EmbeddedTester Migration Suiteを提供します。

    詳細

適用分野

モデルベース設計は、多くの業界で確立した開発手法となっています。量産コード生成は、モデルを効率的で量産可能なコードに変換するステップです。TargetLinkは、MATLAB®/Simulink/Stateflowのグラフィカルな開発環境から直接、量産コード(Cコード)を生成するソフトウェアシステムです。シンプルなANSI Cコードから、特定のプロセッサの固定小数点演算または浮動小数点演算向けに最適化されたコードまで、広範なコード生成オプションを用意しています。このような柔軟なコード生成オプションによって、プロセッサの制約に応じた量産コードを生成できます。

TargetLinkの利点

  • 実績 – 数多くの量産プロジェクトおよび何百万台もの車両に搭載
  • クラス最高のコード – 高い効率性、さまざまな設定が可能、高いトレーサビリティ
  • TargetLink Data Dictionaryを備えた強力なソフトウェア設計機能
  • プッシュボタンMIL/SIL/PILシミュレーションコンセプトによる非常に容易なソフトウェア検証
  • 自動車および類似産業に最適
  • モデル設計、妥当性確認、および検証用の強力なパートナーツール
  • ISO 26262、IEC 61508およびこれらの派生規格に関する認定
  • DO-178C/DO-331に対応したワークフロードキュメントが利用可能

TargetLink Blockset
実装固有の情報を提供するブロックライブラリで実装向けのモデルを作成

TargetLink Blocksetのライセンスフリーバージョン、TargetLink Blockset Stand-Aloneで、制御ロジック開発者はTargetLinkを使用してコントローラモデルを直接設計できるようになります。
TargetLink Data Dictionary

TargetLink Data Dictionaryは、モデル設計、コード生成、およびECUへの実装を中央で管理するためのデータコンテナです。Data Dictionaryオブジェクトは、TargetLinkモデルから参照できます。変数および対応するプロパティを定義したり、構造化データタイプを指定して変数定義に使用したりできます。

テストにおけるシミュレーションモード

モデルベースの開発の利点のひとつは、早い段階の検証にシミュレーションを使用できることです。TargetLinkは量産ECU用のコードを生成するだけでなく、テストプロセスも大幅に単純化します。

変数の自動スケーリング

TargetLink®で浮動小数点コードを生成する場合は、自動スケーリングを必要としません。しかし、固定小数点のコードを生成する場合には、自動スケーリングにより大幅に時間を節約できます。従来、数日から数週間かかっていた工程が、数分から数時間で済むようになります。

コーディングの効率化

効率性は量産コードの品質において重要なポイントになります。コードの効率化とは、コスト効率の高い組込みプロセッサ上でコードを実行するために、必要な実行時間とリソースを最小限に抑えることを意味します。TargetLinkによって生成されたコードは、手書きコードに匹敵する効率性を備えています。

TargetLink製品サポートセンター

TargetLink製品サポートセンターは、TargetLink開発者向けの主要なオンラインリソースであり、TargetLinkのリリースに関する情報、互換性情報、アプリケーションノート、追加のユーティリティ、TargetLinkの既知の問題に関するレポートなどを提供しています。

TargetLink AUTOSARモジュール
オプションのTargetLink AUTOSARモジュールは、TargetLinkのモデリング、シミュレーション、およびコード生成機能を、AUTOSARソフトウェアコンポーネント(SWC)の設計時に利用できるようにします。
開発者はランナブル、ポート、通信インターフェースなどのAUTOSARの構造エレメントをモデルレベルで指定することができます。
TargetLinkとDO-178C

dSPACEでは、DO-178Cに準拠したプロジェクトにおいてモデルベースのツールチェーンでTargetLinkを活用する方法を示したワークフロードキュメントを提供しています。

その他の情報 サポート トレーニング