For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

Model Compare1)

Simulink®、Stateflow®およびTargetLink®モデルの自動比較機能

Model Compareはモデルのすべての変更を検出します。大規模なモデルでもわずかな時間で比較できます。このような作業は、ツールサポートがなければ不可能です。

適用分野


モデルの複数のバージョンで作業を行う場合、自動比較は不可欠な機能の1つです。dSPACE Model Compareは、TargetLink、MathWorks®SimulinkまたはStateflow®のあらゆるモデルに使用でき、ライブラリもサポートしています。Model Compareの使用例には、次に示すようにさまざまなものがあります。


  • 異なるモデルバージョンまたはモデルバリアントの管理
  • 並行開発によって途中から生じる差分のマージ
  • モデル変更の検証およびレビュー

TargetLinkのサポート


Model Compareは、すべてのTargetLinkブロックおよびプロパティに対応したビルトインのサポート機能を備えています。TargetLinkブロックおよびプロパティは、通常のSimulink/Stateflowエレメントと同様に表示し、処理することができるため、TargetLinkインプリメンテーションの詳細を気にする必要はありません。TargetLinkプロパティのセマンティクスは既知であるため、事前設定されたフィルタオプションにより自動的に処理することも可能です。


レビューセッションおよびマージのサポート


ツールが検出したブロックおよびプロパティの差分に、日付/作成者の追跡などを含むレビューコメントを関連付けることができます。複数のレビューワーが参加する複雑なレビューもサポートされています。


検出された変更点をモデル間で転送し、並行開発によって途中から生じる差分をマージすることや、異なるモデルバリアントを管理することができます。このように使いやすいコマンド操作でモデルをマージすることにより、手作業での場合と比べてはるかにエラーの発生が少なくなります。その他のモデル間の差分は常に最新の状態に保たれているため、作業中にも最新の状態がいつでも確認することができます。



1) ヨーロッパおよびアジア以外での使用については、dSPACEにお問い合わせください。


主な利用効果

Model Compareはモデルのすべての変更を検出します。大規模なモデルでもわずかな時間で比較できます。このような作業は、ツールサポートがなければ不可能です。フィルタを使用して、関連のある差分だけに絞って、レイアウトやシミュレーション設定の変更などの確認が必要でない差分は無視することができます。レビューセッションのサポートも信頼性の高い、安全で管理されたモデル変更のレビューを可能にします。マージのサポートにより、モデルの異なるバージョンの変更を容易に同期化することができます。

機能 説明 利用効果
TargetLinkのサポート
  • Model CompareはTargetLinkのブロックおよびプロパティを認識し、ビルトインブロックであるかのように取り扱います。
  • TargetLinkの実装の詳細に気を使う必要はありません。
強力な比較アルゴリズム
  • 異なるバージョンのMATLABからのモデルを比較します。ブロックの名前が変更されていても、ブロックの対応が検出されます。パラメータ値は評価対象外形式(「Kp」など)または評価対象形式(「5.4」など)で比較されます。
  • 変換とアップグレードの問題も解決されています。ブロックの名前が変更されていても、簡潔な比較結果を得ることができます。また、異なるワークスペース設定を考慮に入れることができます。
柔軟なフィルタ設定
  • Model Compareは、レイアウトやシミュレーションオプション設定の変更などの確認が必要ではない差分を、さまざまな条件でフィルタを使用して無視するように設定することができます。選択されているサブシステムだけに絞って比較を行うこともできます。
  • お客様の作業に関連のある差分やモデル部分に集中することができます。このため比較効率が大幅に向上します。
便利な結果表示
  • 比較結果は同期されたツリービューで表示され、差分はカスタマイズ可能な色分けで示されます。統計ウインドウには、変更、追加、および削除されたエレメントの数が表示されます。
  • どのエレメントが相互に対応しているかを簡単に確認できます。追加、削除、および変更されたエレメントと変更の数および種類を一目で確認できます。
レビューのサポート
  • 個々のブロックやプロパティ、または比較セッション全体にコメントを関連付けることができます。
  • 信頼性の高い、制御された安全な方法でレビューを実行します。コメント機能を使用して作業プロセスを構造化することも可能です。
Model Compareからモデルへのトレーサビリティ
  • SimulinkおよびStateflowエレメントは、Model Compareで選択することによって簡単に強調表示することができます。また、比較したモデルに直接差分を表示することもできます。
  • 変更のコンテキストやサブシステム内の差分すべてを簡単に表示できます。
モデルからModel Compareへのトレーサビリティ
  • SimulinkのモデルエレメントをModel Compareにトレースすることができます。
  • これは、Model Compareでブロックと行を特定するために役立ちます。
マージのサポート
  • Copy to Right、Copy to Left、およびDeleteコマンドを使用すると、モデル間で変更を転送できます。
  • 並行開発によって途中から生じる差分をマージし、異なるモデルバリアント間で変更を転送することができます。
レポートの生成
  • 比較結果および関連コメントは、HTML、PDFおよびXML形式のレポートとして保存できます。また、モデルのスクリーンショットを差分レポートに統合することができます。
  • 情報をアーカイブに保管し、アーカイブに保管された情報を公開することができます。
ツール自動化
  • コマンドラインから比較を開始したり、レポートを自動生成することができます。レポートは、外部ツールで処理しやすいようにXML形式で保存することができます。
  • 複数のモデルを自動的に処理し、Model Compareをお客様のツールチェーンに組み込むことができます。

関連項目