For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

XSG Utils Library

FPGAモデルの実装を高速化

XSG Utils Libraryは、RCP(ラピッドコントロールプロトタイピング)またはHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションプロジェクトに対応する既成のFunctionブロックを提供します。このライブラリは、リアルタイムFPGAアプリケーションのユーザがプロジェクトを実装するための機能強化されたFunctionブロックをもたらします。

適用分野

XSG Utils Libraryは、リアルタイムFPGAアプリケーションのユーザがプロジェクトを実装するための機能強化されたFunctionブロックを提供します。このライブラリは完全にオープンで、ラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)やHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションで使用することができます。

汎用的なプログラミングが可能なため、自由なプログラミングが可能なdSPACEリアルタイムFPGAプラットフォームであればすべて、このライブラリを適用できます。

主な利用効果

XSG Utils Libraryは、標準的なSimulinkファンクションに類似した、重要で、多くの場合に必要となるFunctionブロックを含んでいます。この高品質なFunctionブロックはすぐに使用可能で、お客様のプロジェクトに合わせて容易に調整でき、FPGAプログラミングを大幅に効率化します。拡張されたI/Oファンクションから、スコープ、ルックアップテーブル機能、平均計算や正弦波生成、Wavetableエンコーダまで、さまざまなFunctionブロックが用意されています。

前述したすべてのライブラリの各種バージョンは、FPGAアプリケーションの開発者とユーザ向けに提供されています。XSG Utils Libraryは、ControlDeskの大半の機能にすばやくアクセスできるよう事前に設定されたカスタム計器を提供します。

タスク固有のバージョン

XSG Utils Libraryには2つのバージョンが用意されています。

  • XSG Utils Libraryは、Xilinx® System Generator(XSG)を使用してSimulink®に自身のFPGAリアルタイムモデルを組み込むことができるFPGAアプリケーション開発者向けのバージョンです。
  • XSG Utils Interface Libraryは、あらかじめ設定されたXSG-UtilsベースのFPGAアプリケーションとSimulinkベースのプロセッサアプリケーションとを関連付けることにより、データ交換やパラメータ設定を行うことを目的としています。

総合的な開発プロジェクトでは、両方のバージョンが必要です。

利用可能なFunctionブロック

  • スコープ(信号計測)
  • PWM信号計測
  • PWM信号生成
  • ルックアップテーブル
  • I/Oアクセスファンクション
  • „離散積分
  • PIコントローラ
  • 平均値計算
  • 正弦波生成
  • 離散一次遅れ(PT1)
  • Scaling(スケーリング)
  • 波形テーブルベースのエンコーダ
  • APU
  • スモールアプリ
  • バージョン情報

機能 説明
スコープ(信号計測) FPGAクロックレート内で(16個の中から)8個の高周波信号を取得し、取得したデータを同期してプロセッサに送信し、ControlDesk XYプロッタなどの計器にデータを表示し、保存することができます。
PWM信号計測 単相または3相信号のデッドタイム(HSDおよびLSDの間)、ハイタイム、および周期を計測します。
PWM信号生成 パルスセンターアラインのPWM信号(単相および3相)を生成します。デッドタイムとデューティ比は、プロセッサ側で設定できます(オンライン調整可能)。
ルックアップテーブル ノルムが設定されたテーブルの精度、対象とするデータの最小値および最大値を設定します。また、ビットの合計も自動的に計算されます。線形補間アルゴリズムまたはUse Input Belowメソッドがオンラインで設定可能:1次元、2次元および3次元のルックアップテーブルが使用可能です。
I/Oアクセスファンクション オンボードFPGA I/Oおよびスティミュラスモードの柔軟なプログラミングと実行時のパラメータ設定が可能となります。

その他の情報 製品情報 お問い合わせ