For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ConfigurationDesk

dSPACE SCALEXIOハードウェアに対応した設定および実装ソフトウェア

ConfigurationDeskは直感的でグラフィカルな設定/実装ツールであり、dSPACE SCALEXIOハードウェアをベースにしたHILリアルタイムアプリケーションを処理したり、ビヘイビアモデルやI/O機能コードをdSPACE SCALEXIOハードウェア上に実装するのに最適です。ConfigurationDeskを使用すると、ECUなどの外部デバイス、設定済みのSCALEXIOチャンネル、および接続されたビヘイビアモデルを明確に確認できます。

  • Simulinkインプリメンテーションコンテナのサポート

    ConfigurationDeskは、Simulinkモデルで作業を行うための2つの手法をサポートします。MDLファイルの直接インポートに加えて、Simulinkインプリメンテーションコンテナ(SIC)を生成できるようになりました。SICには、モデルCコード、およびあらかじめコンパイルされたライブラリやモデルインターフェース記述などの他の成果物が含まれています。

    詳細

  • FMI(Functional Mock-up Unit)のサポート

    ConfigurationDeskは、オープンなFMI(Functional Mock-up Interface)規格をサポートしています。このため、ユーザは、FMUを使用してさまざまなモデリング手法(Modelicaによる物理モデリングをベースとするものなど)を使用できます。HILプロジェクトでは、FMUをSimulink®モデルと統合できます。

    FMUをその他のモデルインターフェースおよびI/Oにインポートおよび接続するユーザのワークフローは、Simulink®モデルのワークフローとまったく同じです。

  • 仮想検証に対応したConfigurationDesk

    ConfigurationDeskを使用して、HILシミュレーションシステムSCALEXIO®上でバーチャルECUを統合する方法に関するデモ

    詳細

  • FMIのワークフロー例

    ConfigurationDeskを使用して、既存のモデルにFunctional Mockup Unit(FMU)を統合する方法に関するデモ

    詳細

適用分野

ConfigurationDeskは直感的でグラフィカルな設定/実装ツールであり、HILリアルタイムアプリケーションを処理したり、ビヘイビアモデルやI/OファンクションコードをdSPACE SCALEXIOハードウェア上に実装するのに最適です。信号のプロパティ(記述、電気的特性、欠陥シミュレーションの設定、負荷設定)を含む、ECUや負荷などの外部デバイスを定義してドキュメント化することが可能です。ConfigurationDeskでは、ECUピン/負荷ピンとビヘイビアモデルインターフェース間の信号経路をユーザが定義した方法で表示することができます。

主な特長

ConfigurationDeskを使用すると、ビヘイビアモデルコード(MATLAB®/Simulink®/Simulink Coder™などで作成)およびI/O機能コード(ConfigurationDeskで作成)を、dSPACE SCALEXIOハードウェアに簡単に実装することができます。リアルタイムアプリケーションのビルドプロセス全体は、ConfigurationDeskによって処理されます。包括的なドキュメンテーションのオプションとグラフィカルな表示により、特に大規模なHILプロジェクトにおいて、プロジェクトの透明性が高まり、大きな利点となります。特定のプロジェクトに必要なハードウェアの組み立てと設定を、「仮想システム」として、つまり純粋にソフトウェアベースの設定としてオフラインで行うことができます。必要な(設定済みの)I/Oハードウェアの一部が物理的に使用できない場合でも、リアルタイムアプリケーションを実行して、テストを行うことができます。さらに、ワイヤーハーネスや外部デバイスに関する情報をMicrosoft® Excelファイル形式で生成することもできます。

Simulink®モデルとの連携

ConfigurationDeskは、Simulink®モデルを統合するための2つの手法を提供します。

  • MATLAB®/Simulink®から生成された*.slxおよび*.mdlファイルを直接インポートします。この手法では、Simulink Coderの起動を含むリアルタイムアプリケーションのビルドプロセス全体がConfigurationDeskにより自動的に処理されます。そのため、Simulink®モデルを頻繁に変更する必要がある場合は、直接インポートの手法が便利です。
  • MATLAB®/Simulink®からSimulinkインプリメンテーションコンテナ(SIC)を生成し、これらのSICをConfigurationDeskにインポートします。SICは、一度生成されるとさまざまなプロジェクトで再利用でき、Cコードを再度生成する必要もないため、時間の節約になります。したがって、この手法は、さまざまなプロジェクトやバリアントでモデルを再利用したい場合により有利です。

SICは、Cコードや、コンパイル済みライブラリやモデルインターフェース記述などといった成果物が含まれているZIPコンテナです。
ConfigurationDeskでは、Simulinkモデルをインポートする場合に2つの手法を使用できるため、プロジェクトのニーズや要件に対し常に最善のソリューションを実現できます。

便利なモデル交換

dSPACEでは、シミュレーションモデルの交換を容易にするため、Simulinkインプリメンテーションコンテナ(SIC)ファイルを生成するModel Interface Package for Simulink®(MIPS)を提供しています。

無料のMIPSを使用すると、モデリング担当者はVEOSやConfigurationDeskのライセンスを使用することなく、Simulink Coderで(Cコードの)SICファイルを生成することができます。Simulinkモデルからコードを生成したり、dSPACE Run-Time Targetを使用してコードを生成することにより、VEOSやSCALEXIOなどのさまざまなシミュレーションプラットフォーム上でモデルを実行するために必要なすべてのコードおよび成果物を含むZIPファイルを作成することができます。

SICファイルを使用するモデル統合担当者は、シミュレーションのビルド用に再度コードを生成する必要がありません。SICを使用すれば、さまざまなプロジェクトでSICを再利用するのにかかる時間を大幅に削減することができます。

機能 説明
I/O設定およびドキュメンテーション
  • ビヘイビアモデルをdSPACE SCALEXIOハードウェアに接続するためのI/O設定:
    • 外部デバイスのトポロジ(ECUピンおよび負荷のピンのプロパティ)
    • デバイスポートのマッピング(ECU/負荷のピンとI/Oファンクションの信号ポート間の接続)
    • I/Oファンクション(外部デバイスポートとモデルポート間の機能をハードウェアトポロジと関係なく記述)
    • モデルポートのマッピング(ファンクションポートとモデルポート間の接続)
    • モデルトポロジ(ConfigurationDeskアプリケーションに使用されるモデルポート)
    • ハードウェアリソースの割り当て(ハードウェアリソースに対するI/Oファンクションのマッピング)
    • ハードウェアトポロジ(I/Oファンクションによって使用されるハードウェアリソース)
  • ドキュメンテーション:
    • 外部デバイスのトポロジ(ECUピン/負荷のピンのプロパティ)
    • モデルトポロジ(ビヘイビアモデルに対するインターフェースを記述)
    • ハードウェアトポロジ(シミュレータハードウェアを記述: ボード、内部配線、内部負荷、ボード配置など)
    • 外部ワイヤーハーネスのピン情報が記載されたMicrosoft® Excelファイル
    • Bus Managerを使用するか、RTI CAN MultiMessage BlocksetおよびRTI LIN MultiMessage Blocksetを使用してCANおよびLIN信号を設定。dSPACE FlexRay Configuration Packageを使用してFlexRayノードを設定。
リアルタイムコード生成
  • I/O機能(ConfigurationDesk)とビヘイビアモデル(MATLAB®/Simulink®/Simulink Coderなど)に対応した完全なビルドプロセス
バスシミュレーション
  • dSPACE Bus Managerで生成されたバス設定コンテナとしてバス設定をインポート

大規模で、複雑なモデルは、リアルタイムでのシミュレーションの実行を保証するため、複数のプロセッサユニットおよびプロセッサコアに分散して処理することができます。これには、2つの異なるワークフローが使用できます。1つ目のワークフローでは、分割されたSimulink®モデルをそれぞれのコアで処理し、ConfigurationDeskにインポートします。このワークフローでは、モデル間の通信をConfigurationDeskで設定します。

2つ目のワークフローでは、1つのSimulink®モデル全体をアプリケーションの総体として構成し、特殊なSimulinkブロックを使用して1つのコア上で計算するモデルのサブシステムを指定します。すると、モデル全体は個別のモデルファイルへと自動的に分割されます。このワークフローでは、モデル内の通信はSimulink®からConfigurationDeskに転送されます。

1つのプロセッサコアで1つのモデルが実行されます。モデルをいくつか組み合わせてユニットアプリケーションを作成します。こうしたユニットアプリケーションをConfigurationDeskでプロセッサユニットに割り当て、各ユニット内でコアとモデルの割り当てを自動的に行うことができます。

1つのプロセッサユニットは数個のプロセッサコアで構成されます。それぞれのプロセッサユニットでは、常に1つのプロセッサコアがホストPCとの通信用に確保されます。その他のコアはビヘイビアモデルの処理に使用できます。

お問い合わせ