RTI-MP

GUIによるマルチプロセッサおよびマルチコア構造の設定

Real-Time Interfaceのマルチプロセッサオプション(RTI-MP)は、dSPACEのPHSハードウェアをベースにしたマルチプロセッサおよびマルチコアシステムをサポートし、リアルタイムシミュレーションのパフォーマンスを向上させます。

適用分野

Real-Time Interfaceのマルチプロセッサオプション(RTI-MP)は、dSPACEのPHSハードウェアをベースにしたマルチプロセッサおよびマルチコアシステムをサポートし、リアルタイムシミュレーションのパフォーマンスを向上させます。これにより、通信チャンネルを含むマルチプロセッサネットワークの設定を支援します。マルチコアアプリケーションは、マルチプロセッサアプリケーションと同じように設定されています。

RTI-MPでの作業

RTI-MPでは、単純なドラッグアンドドロップ操作でシステムモデルをいくつかの部分に分割して、各部分をプロセッサまたはコアに割り当てることができます。プロセッサに割り当てられた各サブモデルは、ステップサイズ、積分アルゴリズム、トリガ条件などを個別に調節することで、最大のパフォーマンスを得ることができます。仕様が決定したら、クリック1つでプロセッサボード上のモデルを実装できます。スクリプトによって、ビルド手順も自動化できます。

dSPACEシミュレータ用のRTI-MP

実際の開発作業では、しばしば複数のプロセッサボードが1つのdSPACEシミュレータにネットワーク接続され、高度な力学シミュレーションモデルがGigalinkモジュールを経由してシミュレーションデータを交換します。このため、ネットワーク全体のトポロジを簡単に指定できる方法が不可欠です。RTI-MPでは、Simulink内でGigalink通信を設定するための専用のブロックを提供しています。シミュレータ間のリアルタイム同期を含め、リアルタイムアプリケーションを、1クリックで生成できます。

主な利用効果

RTI-MPは、次のようなタスクを支援するため最大限の利便性を提供します。

  • プロセッサ負荷最適化のためのシステムのパーティショニング
  • プロセッサ間通信チャンネルの定義
  • 複数プロセッサまたはコアから構成されるネットワークのための通信コードを生成

システムダイナミクスをSimulink上で設計できます。

機能 説明
Simulink®モデルのパーティショニング
  • Simulinkブロックが追加され、ドラッグアンドドロップによるモデルのパーティショニングをサポート
  • 高度に最適化されたリアルタイムシミュレーションエンジンと通信コードの生成
  • 複数のプロセッサまたはコアに分散されたサブシステムのトリガをサポート
  • 異なるプロセッサをまたがる割込みのフルサポート
速度と精度の最適化
  • 各プロセッサおよびコアに固有の積分アルゴリズムとステップサイズ
  • シングルタスク/マルチタスクモード
  • 個々の接続のスウィンギングバッファまたは共有メモリ通信メカニズム
  • 異なるサンプリングレートでのプロセッサ間通信
テストとドキュメント化
  • マルチプロセッサセットアップ全体のドキュメント化
マルチプロセッサまたはマルチコアハードウェア上でのモデルの実装
  • 1つのプロセッサまたはシステム全体に対するコードの自動生成
  • ワンクリックでのダウンロードと処理開始
  • タイムスタンプ付きのデータ取得
  • パーティショニングを最適化するための通信チャンネルのプロファイル情報
通信メカニズム
  • 高速光接続(Gigalink)による通信を実現
  • 共有メモリモードでの非同期データ転送
  • スウィンギングバッファモードでの同期および非同期ブロックデータ転送
  • 通信接続によるデータのバッファリングと非バッファリング

  • Real-Time Interface for Multiprocessor Systems 製品情報, PDF, 日本語, 509 KB
その他の情報 関連項目 お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き