RTI-MP

GUIによるマルチプロセッサおよびマルチコア構造の設定

Real-Time Interfaceのマルチプロセッサオプション(RTI-MP)は、dSPACEのPHSハードウェアをベースにしたマルチプロセッサおよびマルチコアシステムをサポートし、リアルタイムシミュレーションのパフォーマンスを向上させます。

適用分野

Real-Time Interfaceのマルチプロセッサオプション(RTI-MP)は、dSPACEのPHSハードウェアをベースにしたマルチプロセッサおよびマルチコアシステムをサポートし、リアルタイムシミュレーションのパフォーマンスを向上させます。これにより、通信チャンネルを含むマルチプロセッサネットワークの設定を支援します。マルチコアアプリケーションは、マルチプロセッサアプリケーションと同じように設定されています。

RTI-MPでの作業

RTI-MPでは、単純なドラッグアンドドロップ操作でシステムモデルをいくつかの部分に分割して、各部分をプロセッサまたはコアに割り当てることができます。プロセッサに割り当てられた各サブモデルは、ステップサイズ、積分アルゴリズム、トリガ条件などを個別に調節することで、最大のパフォーマンスを得ることができます。仕様が決定したら、クリック1つでプロセッサボード上のモデルを実装できます。スクリプトによって、ビルド手順も自動化できます。

主な利用効果

RTI-MPは、次のようなタスクを支援するため最大限の利便性を提供します。

  • プロセッサ負荷最適化のためのシステムのパーティショニング
  • プロセッサ間通信チャンネルの定義
  • 複数プロセッサまたはコアから構成されるネットワークのための通信コードを生成

システムダイナミクスをSimulink上で設計できます。

Functionality Description
Partitioning the Simulink® model
  • Adding Simulink blocks for model partitioning via drag & drop
  • Generating highly optimized real-time simulation engine and communication code
  • Support of triggered subsystems distributed over multiple cores
  • Full support of interrupts on cores
Optimizing speed and accuracy
  • Integration algorithm and step size specific to each core
  • Single timer task/multiple timer task mode
  • Swinging buffer or shared memory communication mechanism for each individual connection
  • Communication between cores at different sampling rates
Implementing the model on multicore hardware
  • Automatic code generation
  • Download and start with a single click
  • Data acquisition with time stamps
  • Profile information for communication channels for optimizing the partitioning
Communication mechanisms
  • Asynchronous data transfer in shared memory mode
  • Synchronized and unsynchronized block data transfer in swinging buffer mode
  • Buffering and unbuffering of data via communication connection

  • Real-Time Interface for Multiprocessor Systems 製品情報, PDF, 日本語, 509 KB
その他の情報 お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き