For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

RTI FPGA Programming Blockset

dSPACEシステムへのFPGAモデルの統合

RTI FPGA Programming Blocksetは、Xilinx® System Generator Blocksetを使用して作成されたFPGA用のモデルをdSPACEシステムで使用するためのSimulink®ブロックセットです。

適用分野

RTI FPGA Programming Blocksetは、Xilinx® System Generator Blocksetを搭載したdSPACEシステムで作成されたFPGAモデルを使用するためのSimulink®ブロックセットです。このブロックセットは、dSPACE FPGAボード上に実装されたFPGAとそのI/Oとの間のインターフェースとして、および、dSPACEボードと演算ノード間のインターフェースとして動作するRTIブロックです。
ブロックセットは、ユーザがプログラムできるFPGAを提供する以下のdSPACE FPGAプラットフォームで使用できます。

  • DS5203 FPGA BoardとそのI/Oモジュール。
  • DS2655 FPGA Base BoardとそのI/Oモジュール。
  • I/Oモジュールで拡張されたMicroAutoBox II 1401/1511/1514および1401/1513/1514。
  • MicroLabBox

RCP(ラピッドコントロールプロトタイピング)およびHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションの一般的な適用シナリオとしては、以下のものがあります。

  • 自動車、工業オートメーション、メディカルエンジニアリング、航空宇宙産業のプロジェクト
  • 信号のプリプロセス処理、新しいインターフェースへの対応、超高速制御ループ、電動パワートレインの新しいコンセプトの設計とテスト

利用効果

dSPACE FPGAプラットフォームは、Simulink環境でXilinx System Generatorを使用してグラフィカルにアプリケーションを実装できるXilinx FPGAを搭載しています。RTI FPGA Programming Blocksetにより、dSPACEハードウエア上で動作するSimulinkモデルの中にFPGAモデルを取り込むことができます。I/Oボードで使用されるI/Oドライバコンポーネントの接続や、プロセッサベースの計算ノード(DS1005またはDS1006)へ接続するモデリング作業が簡単になります。データ交換では、固定小数点データ型と浮動小数点データ型がサポートされています。FPGAプログラミングはSimulink環境にシームレスに統合されているため、FPGA Blocksetを使用することにより、FPGAまたはプロセッサの統合、ビルド、プログラミングがSimulinkから直接実行できて非常に便利です。あるいは、ハンドコードインターフェースを使用して、VHDL(VHSICハードウエア記述言語)またはVerilogでFPGAボードをプログラミングすることもできます。

機能 説明
全般
  • FPGAモデルをdSPACE FPGAプラットフォームに統合
  • I/Oを設定
  • FPGAアプリケーションに基づいて、プロセッサモデルテンプレートを自動生成
FPGAインターフェース
  • Xilinx® System Generatorを使用したFPGAのプログラミング
  • Xilinx System Generatorで作成されたFPGAモデルの統合
  • Simulinkでのオフラインシミュレーション
ハンドコードインターフェース
  • VHDLによるFPGAのプログラミング
I/Oアクセス
  • RTI FPGA Programming BlocksetによるFPGAモデルとアナログおよびデジタル入出力信号との接続
プロセッサ-FPGA間の通信
  • FPGAモデルを計算処理ノード(DS1006またはDS1007、SCALEXIOプロセッサユニット、MicroLabBoxまたはMicroAutoBox II)で実行されるプロセッサモデルに接続
  • dSPACE FPGAプラットフォームとのシステムバス通信のアクセスタイプ:レジスタ、レジスタグループ、バッファ
非同期タスク
  • プロセッサモデルの中にFPGAモデルからの割込みによって駆動されるタスクを実装

その他の情報 お問い合わせ