For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

dSPACE Ethernet Configuration Package

dSPACE Ethernet Configuration Packageを使用すると、dSPACEシステムをサービス指向型Ethernetネットワークのシミュレーションノードとして設定することができます。

適用分野


Ethernet Configuration Packageは、電子制御ユニット(ECU)のEthernetネットワークにおけるサービス指向通信のリアルタイムシミュレーションを実現します。これらのネットワークは最新の運転支援システムや快適およびエンターテイメント新機能、およびその他数多くの機能において重要な役割を果たします。


dSPACE Ethernet Configuration Packageを使用すると、dSPACEシステムをサービス指向型Ethernetネットワークのシミュレーションノードとして設定することができます。

dSPACE Ethernet設定ツール

dSPACE Ethernet Configuration Toolにより、dSPACEシステムをEthernet SOME/IP(IPを利用したスケーラブルなサービス指向ミドルウェア)ネットワークのシミュレーションノードとして設定することができます。このツールは、FIBEX XML形式のネットワーク記述ファイルを必要とします。通信記述をインポートすると、多数の整合性チェックが実行されます。インポートされた記述を基に、ネットワークのシミュレーションをドラッグアンドドロップで設定することができます。ツールはこの設定に従って通信コードとブロックセット生成ファイルを生成します。

dSPACE Ethernet Configuration Blockset

アプリケーション固有のSimulinkモデルは、dSPACE Ethernet Configuration Blocksetを使用して作成することができます。ブロックの属性には、dSPACE Ethernet Configuration Blocksetによって生成されたデータが使用されます。dSPACE Ethernet Configuration Blocksetでは、イベントの送受信がサポートされています。PDUは複数の信号で構成されており、この信号はイベント当たりSimulinkブロックを1つだけ使用してモデル内で処理できます。

Ethernet Configuration Packageは、2つの部分で構成されます。1つ目はdSPACE Ethernet Configuration Toolで、dSPACEシステムをサービス指向型Ethernetネットワークのシミュレーションノードとして設定するために使用します。2つ目はdSPACE Ethernet Configuration Blocksetで、MATLAB®/Simulink®のサービス指向通信をモデリングするために使用します。


独自のMulti-MAC(Media Access Control)シミュレーション機能により、複数のEthernetノードをdSPACEシステムの1つのポートでシミュレートすることができます。

dSPACE Ethernet設定ツール

機能 説明
全般
  • Ethernet SOME/IPのサポート
  • SOME/IP Service Discoveryのサポート
操作
  • 通信記述の階層ビュー
  • パラメータのビジュアル表示
通信記述のインポート
  • FIBEX 4.0拡張ドラフト
  • FIBEX 4.1
  • FIBEX 4.1.1
設定
  • クラスタ、ノード、サービス、イベント群、およびパラメータを選択
  • Multi-MACシミュレーション(複数のEthernetノードをdSPACEシステムの1つのポートでシミュレート)
  • エンドツーエンドの通信保護のサポート
  • UDPネットワーク管理
  • サービスディスカバリー操作オプション

 

RTI Ethernet Configuration Blockset

機能 説明
シミュレーション
  • dSPACE SCALEXIOプラットフォームをEthernet SOME/IP通信ネットワークのシミュレーションノードとして使用
モデルの生成
  • SOME/IP通信向けのMATLAB/Simulinkブロックを生成
  • SOME/IPイベントの送受信にブロックを利用
  • 基本設定、サービスインスタンス、および便利な追加機能(モデル更新など)を備えた構造化ブロックセットを使用

製品情報 お問い合わせ