dSPACE V2X Interface for waveBEE

One for all: Testing a wider range of applications for connected vehicles

The dSPACE V2X Interface for waveBEE makes it possible to integrate dSPACE advanced HIL- or PC-based simulation solutions for ADAS/AD into a waveBEE V2X simulation environment by Nordsys for testing applications such as Day One or connected automated driving.

適用分野

V2X(Vehicle-to-Everything)通信を使用すると、自動車、交差点の信号機やカメラなどのインフラストラクチャ、交通弱者が相互に通信を行い、先を予見することができます。これは、より快適で効率的かつ安全な運転を実現する鍵となります。V2Xにより、自動車間の連携や自立性をより高いレベルに引き上げることができます。ただし、V2X beyond Day Oneを用いてテストと検証を行う場合は、センサ共有、隊列走行、協調的な運転などのより複雑なV2X使用事例を、認知、センサフュージョン、および運転操作プラン向けのさまざまな車載機能に緊密に統合する必要があるため、課題も増え、さらに高度なSILおよびHILシミュレーションが必要になります。V2X Interface for waveBEEは、Nordsys社のV2Xシミュレーション環境をSCALEXIOやVEOS、dSPACE Automotive Simulation Model(ASM)にインフラストラクチャを含めて統合するためのソリューションです。これにより、テストの複雑さを解消でき、V2Xテクノロジの種類や製品の対象地域にかかわらず、コネクテッドカーの市場投入期間を短縮することができます。

主な利用効果

V2X Interface for waveBEEは、C-V2XおよびDSRC向けのすべてのV2X規格に準拠した柔軟性の高いソリューションであり、スケーラブルな計算処理能力を提供し、車や道路周辺の要素などの多数の通信ノードをシミュレートすることができます。また、V2X Day Oneアプリケーションを用いることで、集合的認識から協調的な運転に至るまで、各種の使用事例を処理することができます。V2X Interface for waveBEEは機能テストをサポートしているだけでなく、PCベースのSILプラットフォームであるVEOSとシームレスに統合すれば組込みテストやHILシステムテストにもスムーズに移行できるため、開発プロセスの主要段階でシミュレーションモデルやテストシナリオを再利用できるようになります。SCALEXIOとwaveBEEを使用してチャンネル減衰や負荷生成を含む現実的なHILシミュレーションを行えば、テストの安定性が改善され、デバイスとアプリケーションの信頼性が向上します。さらに、ASMを活用すると、センサやインフラストラクチャシミュレーション 1) を含む総合的なモデルを用いてMAPやSPATなどの複雑なメッセージを生成できるため、ユーザは実際のテストと検証タスクに集中できるようになります。最終的に、ADAS/AD向けのdSPACEテストソリューションとのシームレスな統合を行ったり、シナリオ生成やシナリオベーステストなどの最先端のテスト手法を使用したりすることで、自動運転コネクテッドカーの機能のテストにおける複雑性を管理し、作業負荷やコストを削減することが可能です。このソリューションは標準化されたV2Xプロトコルをベースにしているため、任意のシミュレーションモデルやテスト環境を統合して使用することも可能です。

1) ASMでのV2Xインフラストラクチャシミュレーションは、dSPACE Release 2021-Bでの発表が予定されています。この予定は、予告なく変更されることがあります。

機能 説明
概要
  • Nordsys社のwaveBEE V2Xシミュレーション環境をdSPACE SCALEXIOまたはVEOSベースのシミュレーション環境に統合するConfigurationDesk Custom Function/Simulink®ブロックセット
  • ヨーロッパ、米国、韓国、および中国で適用されるV2X規格をサポート
  • C-V2XおよびDSRC(IEEE 802.11p)通信のサポート
  • V2X Day Oneからセンサ共有や協調的な運転に至るまでの幅広い使用例
  • ASMでのインフラストラクチャシミュレーションとV2Xメッセージの生成
  • 車両やRSUなどのシミュレートされた通信ノードを最高60個処理できるスケーラブルな計算処理能力
  • チャンネル減衰とV2X負荷生成により、テストの安定性を改善し、デバイスの信頼性を向上
  • SILテストからHILテストへのスムーズな移行により、開発プロセスの主要段階に対応
  • ADAS/AD向けのdSPACEソリューションに容易に統合でき、協調的な自動運転車両向けのテストプラットフォームを形成
  • 既存のテストおよびシミュレーション環境と組み合わせることが可能

  • dSPACE V2X Interface for waveBEE 製品情報, PDF, 日本語, 504 KB
動画 使用事例

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き