For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

dSPACE ADTF Interface Blockset

環境センサを搭載した運転支援システムの開発

dSPACEのADTF Interface Blocksetを使用すると、dSPACEのPCベースシミュレーションプラットフォームVEOS®またはdSPACEリアルタイムシステムおよびEB Assist ADTF間の低レイテンシな双方向通信をADTF Message Bus経由で実装することができます。

主な利点

先進運転支援システム(ADAS)および自律運転機能には、ビデオセンサやレーダーセンサなどから得られる車両周辺の環境に関する包括的なデータが必要です。関連ソフトウエアの機能をプロトタイピングする場合、検出された物体が実際のアプリケーション機能に提供される前に、さまざまなセンサからのデータを処理および結合する必要があります。

通常、認識機能はC++などの高度なプログラミング言語を使用して実装される一方、アプリケーション機能の開発はMATLAB®/Simulink®を使用したモデルベース設計で行われます。EB Assist ADTF(Automotive Data and Time-Triggered Framework)は、認識機能の開発などのタスクに使用できる実績のあるツールです。さらに、EB Assist ADTFは、UDP/IP(User Datagram Protocol/Internet Protocol)ベースのADTF Message Busを経由して複数のシステムを組み合わせる便利な方法を提供します。ADTF Message Bus経由でVEOSやdSPACE MicroAutoBoxなどのdSPACEプラットフォームとEB Assist ADTFの低レイテンシ双方向通信を実装するには、dSPACEのADTF Interface Blocksetを使用します。dSPACE ADTF Interface Blocksetを使用するには、Ethernet接続のためのdSPACE Release 6.5以上の適切なハードウエアおよびソフトウエアに加え、ElektroBitが提供するEB Assist ADTFが必要です。

その他の情報 製品情報 お問い合わせ