For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

MotionDesk

リアルタイムにシミュレートされるメカニカルシステムの3次元のオンラインアニメーション

dSPACE MotionDeskは、ECUテストでのHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションの結果をビジュアル表示する3Dオンラインアニメーションソフトウェアアプリケーションです。MotionDeskは、SCALEXIOやDS1006などのdSPACEのハードウェアシミュレーションプラットフォームをサポートしています。また、このツールはdSPACE VEOSおよびSimulink®を使用したオフラインシミュレーションもサポートしており、ADASシナリオの開発およびテストに役立つ機能を備えています。これには、レーダーおよびLiDARセンサを開発するためのカメラセンサシミュレーションが含まれています。カメラセンサシミュレーションでは、MotionDeskビデオデータをカメラECUや理想ポイントクラウドセンサモデルに直接供給することができます。

  • MotionDesk 4.3

    MotionDesk 4.3では、Zプロファイルと呼ばれる高さプロファイルによって車線の高さが異なる交差点を表示するオプションが用意されているため、より現実的にシーンを表示することができます。本リリースでは、センサシミュレーション向けに独立したモジュールが提供されており、カメラベースの生データを生成することが可能です。

    詳細

  • MotionDesk 4.2

    MotionDesk 4.2では環境の表示性能が向上し、より現実的な表示が可能になりました。新しい地形生成機能により、道路や周囲の地形を現実的にシミュレートすることができます。また、新たに長距離の道路がサポートされたことにより、極めて長い道路や道路網を作成し、リアルタイムにシミュレートすることができます。

    詳細

  • MotionDesk 4.1

    3Dビジュアル表示ソフトウェアであるMotionDeskのバージョン4.1では、照明効果の表示機能が向上しています。そのため、環境のより現実的なビジュアル表示が可能になり、夜間運転などの追加のテストシナリオを実行することができます。この新機能は、特に先進運転支援システムおよび自動運転分野のアプリケーションのテストに役立ちます。

    詳細

  • Stay Safe on the Roads

    仮想テストドライブによるユーロNCAPテスト

    詳細

  • Eyes on the Road

    最新の運転支援システムの妥当性確認には、シミュレーション、テスト、およびビジュアル表示を行うための統合ツールが不可欠です。このような場合に完全に統合されたツールチェーンとして活用できるのが、dSPACEのAutomotive Simulation Models(ASM)、ModelDesk、およびMotionDeskの組み合わせです。

    詳細

  • Seeing is Knowing

    ビークルダイナミクスや運転支援システムなどの用途に使用するコントローラの開発では、シミュレーションが非常に重要な役割を果たします。シミュレーションシステムの動作を理解する最善の方法は、リアルな3Dシーンをアニメーションで表示することです。

    詳細

  • A Moving Variety – 商用車用ECUバリアントの効率的なテスト

    市場に提供される商用車は多種多様です。SCANIA社でも、無数の車両タイプやモジュール型の車両構成を取り扱っています。また、一般的な電子制御ユニット(ECU)システムにも多数のバリアントがあります。SCANIA社の新しいテストラボでは、このようなECUシステムの信頼性のある検証方法を紹介しています。

    詳細

  • 先進運転支援システムの妥当性確認 – HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションが可能な仮想テストドライブ

    MAN社では、革新的なレーダーおよびカメラのデータフュージョンを利用したカメラインザループ環境により、自動緊急ブレーキ(AEB)システムの妥当性確認を行っています。

    詳細

  • MotionDeskのすべての成功事例

適用分野

シミュレーションシステムの動作を理解する最善の方法は、リアルな3Dアニメーションを表示することです。シミュレーションシステムとリアルタイムアニメーションを組み合わせることが、全体像を得るための理想的な方法です。アニメーションは記録/再生することが可能であるため、オーバーレイ技術を使用して異なるコントローラの開発手法を比較することが容易になります。MotionDeskは、3次元におけるメカニカルオブジェクトの動作をビジュアル表示することで、dSPACEツールチェーンを強化します。MotionDeskは、車線変更、スプリットµ、コーナリングなど、あらゆる種類のビークルダイナミクスコンセプトや運転操作でもビジュアル表示することができる理想的なツールです。

主な利用効果

MotionDeskを使用すると、シミュレーションシナリオを正確に再現した仮想世界でのシミュレーションをビジュアル表示することにより、HILシミュレータからより多くの情報を得ることができます。MotionDeskは、HILシミュレータからデータを読み取り、ムービングオブジェクト(車両、ホイール、ステアリングホイールなど)のアニメーションをリアルタイムで表示します。ユーザ自身が透視図法やレンダリングモードを選択して使用できるので、シミュレートされたオブジェクトの実際の動作を明確に理解することができます。アニメーションは、エクスペリメントファイルおよび記録ビデオファイルとして保存され、ユーザの開発プロセスをドキュメント化し、図示するために使用することができます。

先進運転支援システムのサポート

MotionDeskでは、動作の複雑さを確認して理解する必要がある、先進運転支援システム(ADAS)のあらゆる側面に対するサポートが強化されています。ADASをテストする際のビジュアル表示は、オブジェクトを認識するのに十分な現実性を備えていなければならず、高いフレームレートが非常に重要になります。

MotionDeskのレンダリングエンジンにより、より詳細かつ現実的なビジュアル表示が可能で、非常に複雑なシーンでも60フレーム/秒以上の一定速度でレンダリングできます。

カメラベースでのシステムテストやレーダーおよびLiDAR開発を行えるようにするため、MotionDeskには光路シミュレーションやカメラセンサシミュレーション、理想ポイントクラウドセンサモデルなどの非常に高度な機能が備えられています。これらの機能により、MotionDeskを撮影するカメラECUを搭載したシミュレーションボックスが不要になるため、テストセットアップを大幅に簡略化することができます。これにより、カメラ、レーダーおよびLiDAR用のセンサの開発者の負担が軽減されます。

特徴 説明 利用効果
インスタントアニメーション
  • 強力なレンダリングエンジン
  • シミュレーションとアニメーション間の遅延が少ない
  • シーンにおける視点の位置を正確に定義できる直感的なモーションモデル
  • リアルタイムシミュレーションモデル(信号機、ブレーキランプ、方向指示器など)によりシミュレートされる状態依存オブジェクトのビジュアル表示を実現するスマートオブジェクト
  • NEW:ハードウェアインスタンス
  • 詳細かつ現実的なビジュアル表示
  • 非常に複雑なシーンでも60フレーム/秒の一定速度でレンダリング可能
  • リアルなMan-in-the-Loopシミュレーション
  • NEW:ハードウェアのインスタンス化により、多数の同一オブジェクト(樹木、街灯、建物など)を使用しつつパフォーマンスが向上
マルチトラックモード
  • シミュレーション実行と基準データトラックの視覚的な比較
  • パラメータスタディ
力のベクトルのビジュアル表示
  • 矢印などで力をグラフィカル表示
  • „どのような力がモーションに影響を与えるかを簡単に確認可能
3Dシーン作成
  • グラフィカルな対話形式によるシーン設計
  • シーンの作成をMotionDeskに統合
  • ドラッグアンドドロップですべて完了
  • ガードレール、遮音壁、および環境オブジェクトの自動生成
  • MotionDeskリモート制御用の自動化API
  • 都市、高速道路、田舎道、路地など、ModelDeskの風景タイプを使用した自動シーン生成
  • 精度の高い車線境界線の定義とビジュアル表示
  • 車線境界線および区分線、視線誘導標、安全用フェンスを自由に表示
  • NEW:ModelDeskの道路定義により、ジャンクション上でZプロファイルを指定可能
  • 簡単で直感的な操作
  • 1つのツールで操作
  • シーンの作成および修正が短時間で完了
  • 他のツールとの相乗効果により最適化されたワークフロー
  • レーンアシストシステムの開発およびテストに必須である車線境界線の正確な表示が可能
  • NEW:上り線と下り線の高さレベルが異なる実世界のジャンクションの現実的なシミュレーション
3Dオブジェクトライブラリ
  • 標準化されたCOLLADAファイル形式に基づく3Dオブジェクトライブラリ
  • VRML2のインポートおよび移行
  • キーワードおよび名前での3Dオブジェクトの検索
  • 3Dオブジェクトのグループ化
  • 3Dオブジェクトライブラリの新規追加:自動車、家屋、樹木など
  • アニメーションキャラクタ(オプション)
  • 国際道路標識(オプション)
  • MotionDeskの古いバージョンからの移行が容易
  • 3Dオブジェクトライブラリは、COLLADA形式のユーザ定義オブジェクトで拡張可能
  • 全オブジェクトの一覧性の向上
  • シーン構造の改善
  • 1200以上の3Dオブジェクトを使用できるため、ビークルダイナミクスから先進運転支援システムやCar2xまでのさまざまな使用事例に対応した詳細かつ現実的なシーンを作成することが可能
損失のない時間ベースのデータ取得
  • 等間隔タイムスタンプによる時間ベースのシミュレーションデータ取得
  • 記録されたアニメーションのリアルタイム同期再生
速度の制御
  • スローモーションおよび高速モーションの再生速度を変更可能
  • 詳細を観察するためにアニメーションの速度を落としたり、特に問題となる事象が発生しない部分で速度を上げることが可能です。
ビデオファイルの生成
  • アニメーションをビデオファイル(AVI、MPEG-4など)にエクスポート
  • 重要なアニメーションのアーカイブと配信
マルチPCサポート
  • Multi-PC Interface Kitによる、またはSCALEXIOシミュレータを直接使用する、対話型ドライビングシミュレータ用のスケーラブルなビジュアル表示システム
  • 多くのビューにより、よりリアルなMan-in-the-Loopシミュレーションが可能
光路のシミュレーション
  • センサ後方のスティミュレーション(MotionDeskにおけるレンズの歪み、色収差、けられなどの視覚的機能)向けの光路のシミュレーション
  • MotionDeskのカメラECU撮影により、シミュレーションボックスの設定が不要
理想ポイントクラウドセンサモデル
  • 高い3D角度分解能を使用した交通環境の反射点
  • それぞれの反射点に異なる値を適用可能:距離、方位角/仰角、相対速度など
  • GPUベースのカメラセンサモデルをMotionDeskで使用
  • レーダーおよびLiDARセンサの開発基盤
先進的な照明テクノロジ
  • すべてのオブジェクトに光源を取り付け可能
  • 光源ごとに形状、色、光度を選択可能
  • すべての光源に異なる輝度分布を使用可能
  • シンプルな天体暦モデルに基づいて太陽の位置を自動調整可能
  • 周囲の光と影を動的に変化可能
  • 照明の現実的な挙動およびビジュアル表示が可能(ブレーキライトの反射など)
  • 変化する照明条件(日没、日の出など)や夜間運転のシミュレーションにより、アダプティブフロントライティングシステム(AFS)の開発にも適合
  • 実際のヘッドライトをリアルタイムにテスト可能
NEW:地形の生成と長い道路のサポート
  • 実際の人工衛星や標高モデルデータに基づいた、高度が変化する道路形状の作成
  • 極めて長い道路や道路網(数千キロメートル以上)の生成とリアルタイムシミュレーション
  • 地形の現実的なシミュレーションにより、道路や道路網を統合
  • 道路セグメントを動的にロードすることにより、安定した高いパフォーマンスを保証
NEW:センサシミュレーションモジュール
  • Windows®コンソールアプリケーション
  • HDMIポートまたは共有メモリインターフェースにより、生成したセンサの生データを提供
  • ベイヤーパターン、レンズの歪み、色収差、口径食、陰影の計算などのカメラの機能と効果、およびシンプルかつ先進的な照明のサポート
  • 後処理API
  • 不要なユーザインターフェースやプロセスに起因するパフォーマンスの低下を排除
  • ESIユニットやバーチャルECU(V-ECU)にセンサデータを容易に送信
  • MotionDeskのすべての可視化機能を使用して、光路や現実的な照明シナリオの計算要件に対応
  • お客様向けの機能(センサ出力の確率モデルなど)を拡張するための外部インターフェース

その他の情報 サポート お問い合わせ