For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

Workflow Management

主な特長

SYNECT Workflow Management(HILの準備およびセットアップでの使用例)

  • 再現可能で信頼性の高いワークフローを作成し、反復プロセスを自動化
  • HILおよびSILテストシステム向けの継続的な統合およびテストを実現
  • 無数のバリアントと複数のソフトウェアの相互作用が行われる大規模かつ非常に複雑なHILシステムを管理
  • テストシステムの準備と設定を自動化することにより、HILのダウンタイムを削減

一連のテストを開始する前に、シミュレータの準備と設定、ECU向けの適切なソフトウェアバージョンのダウンロード、および適切なバリアントの選択など、いくつかのステップを完了する必要があります。これを手作業で行うと、エラーが発生する場合があります。これは、シミュレータに不都合なダウンタイムが発生する原因になります。

この場合、データ管理ソフトウェアであるSYNECTをベースとしたdSPACE Workflow Management(WFM)というツールを使用すると、これらのステップを自動化することができます。WFMでは、使いやすいワークフローと総合的なバリアント管理システムの作成を通じて、複雑なタスクを自動化することが可能です。

たとえば、大規模なリアルタイムテストアプリケーションの自動的な夜間準備では、ワークフローを自動的にトリガすることができます。

設定管理のサポート

自動化されたプロセスでは、一般的に設定管理(CM)システムのデータを使用します。WFMでは、あらゆるCMシステムの統合をサポートしています。当社では、Apache™ Subversion®、Git、またはPTC® Integrity® Source向けの既製の統合ツールを提供しています。最終的なビルド結果は、JFrog Artifactoryといった別の専用リポジトリマネージャに格納することもできます。

このレベルのプロセスオートメーションを使用すると、すべての設定管理バージョン情報が自動的に文書化されるため、特にISO26262規格に準拠して開発されたセーフティクリティカルなシステムのテストで必要な再現性を実現することができます。

問題点の追跡により、管理業務をサポート

設定管理システムと同様、Atlassian Jira、Redmine、Microsoft® TFS、またはMicrosoft® Sharepointなどの問題点トラッキングシステムで操作またはステータスが変更された場合、それに基づいてワークフローをトリガすることも可能です。たとえば、問題点を選択して、依存するビルドプロセスをトリガしたり、テスト実行をトリガすることができます。