For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

モデルおよび信号パラメータの管理

信号とパラメータの管理

パラメータのインポートおよびエクスポート用プラグイン

  • 信号、パラメータ、およびパラメータセットの一元管理
  • インポートおよびエクスポート用プラグインにより、他社製ツールとの間でパラメータをやり取り
  • 以下の規格およびファイル形式をサポート:dSPACE TargetLink Data Dictionary(DD)、DCM、A2L、HEX、MOT、CDFX、およびPAR
  • パラメータごとに、バリアントまたは値の依存関係を指定
  • テストケースのパラメータ設定

SYNECTは、ECU開発プロセス全体の信号、パラメータ、パラメータセットの一元管理をサポートします。一般的に使用されているファイル形式および規格をサポートしているほか、エンジニアリングツールに直接接続することができ、信号およびパラメータを簡単に保存および検索できます。バリアントごとに異なる値が設定されているパラメータやパラメータセットなどに対しても、管理を一元的に行うことが可能です。

SYNECTでのモデルの管理

システムモデルのグラフィカルな統合

  • 実際のモデルファイルに対するインターフェース、パラメータ、リファレンスを含むメタデータに基づいてモデルを管理
  • ご使用のモデリングツールの種類を問わず、モデルを管理することが可能
  • 以下のような各種のソースからモデル情報をインポート:Simulink®モデル、XMLまたはExcelファイル、またはFunctional Mock-up Units(FMU)、Simulink implementation containers(SIC)、V-ECU、Bus Simulation containers(BSC)などのモデルコンテナ

SYNECT Model Managementを使用すると、モデルのメタデータやインターフェースに基づいてモデルを管理することができます。SYNECT Model Managementを使用すると、既存のプロセスの統合や複数のファイル管理システムのサポート、およびモデルの交換や再利用を容易に行えるようになります。これにより、使用するモデリングツールの種類を問わず、モデルを統合してシミュレーションおよびテストを行えるようになります。さらに、SYNECT Model Managementでは、管理するモデルに含まれるメタデータに基づいてモデルを検証する機能を提供しています。これにより、プロセスのコンプライアンス、命名規則、情報の存在、およびインターフェースの整合性をチェックすることが可能です。