For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ModelDesk

GUIによるパラメータ設定、およびシミュレーション

ModelDeskは、シミュレーション、直感的なモデルパラメータ設定、およびパラメータセット管理のためのグラフィカルユーザインターフェースです。また、このツールはプロジェクト管理機能も備え、パラメータセットをオフラインおよびオンラインシミュレーション中にダウンロードすることができます。ツールにはPythonスクリプトをサポートする自動化インターフェースが搭載されています。ModelDeskは、パラメータ設定からオフラインおよびオンラインシミュレーション、そしてパラメータおよび結果の管理まで、シームレスに使用できます。

要素と特徴

  • グラフィカルユーザインターフェース
  • パラメータセットの管理機能
  • シミュレーションおよびエクスペリメントの管理
  • プロッタ
  • Road Generator
  • Maneuver Editor
  • Traffic Editor
  • エンジンのパラメータ設定
  • エンジンモデルのプリプロセス処理
  • ツールの自動化 – 遠隔モードとバッチモード
  • カスタムモデルのパラメータ設定

主な利点

1つのツールで多くのタスクに対応

ModelDeskは主要なインターフェースであり、シミュレーションの前後や中間で行われるすべての重要なタスクの実行に使用できます。ModelDeskはMIL(Model-in-the-Loop)シミュレーション、Simulinkシミュレーション(オフライン)、およびHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーション(オンライン)にも等しく適しており、機能開発からECUテストまでの統合プロセスをサポートします。

ModelDeskは、シミュレーションエクスペリメントの実行中に、道路、運転操作、交通、車両構成などのパラメータを、シミュレーション結果およびすべての計測データとともに保存するので、シミュレーションを容易に再現することが可能です。オフラインシミュレーションとオンラインシミュレーションも同じように容易に比較できます。

ModelDeskのプロセッシング

ASMの統合パラメータ設定向けのワークフローとして、ModelDeskの処理を行います。ModelDesk Processingを使用することで、ユーザ側で計測、関数、および設定などに関する初期データを入力して、シミュレーションモデルに最適なパラメータに仕上げることができます。

エンジンのパラメータ設定

気筒数、排気量および燃料噴射マップなどの基本的なエンジン設定は、画面上でわずか数クリックで実行することができます。

Road Generator

Road Generatorは、道路網および複雑な路面条件を定義するためのグラフィカルなユーザインターフェースです。

Maneuver Editor

ModelDeskのManeuver Editorは、車両を動かす位置と方法を定義します。

Traffic Editor

Traffic Editorは、非常に柔軟性の高いユーザインターフェースで、トラフィックシナリオの定義を容易にします。

エレクトリックコンポーネントのパラメータ設定

ASM Electric Componentsモデルのモデル化されたすべてのエレクトリックコンポーネントがModelDeskにグラフィカルに表示されるため、パラメータの設定作業を容易に行うことができます。

製品情報 お問い合わせ