For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ASM Diesel Exhaust System

ディーゼル排気の後処理

完全なディーゼル排気後処理システムのリアルタイムシミュレーション

適用分野

ASM Diesel Exhaust System Modelは、ASM Diesel EngineおよびASM Diesel Engine InCylinderの拡張として、DOC、DPFおよびSCRシステムをサポートするディーゼル排気の後処理システムのさまざまな設定を利用することができます。

主な利点

排気ガスモデルのコンポーネントは、テスト中の後処理システムに合わせて多様な組み合わせが可能で、目的の燃費およびエミッション規制に準拠することができます。

シミュレーションモデルの特徴

ASM Diesel Exhaust System Modelは、主にDOC、DPF、およびSCRシステムで構成され、温度、圧力、ラムダ値など、DOCおよびDPF用途でのECUの代表的なセンサ変数に対応しています。これらの用途では、フィルタ素材に付着する煤やDPF再生の影響を調べます。このモデルには、ポスト噴射および触媒バーナーにより導入される燃料の酸化も含まれています。空気供給ありまたは空気供給なしの一般的な尿素水(AdBlue/DEF)噴射システムをシミュレートするためのソリューションや、尿素分解および触媒還元の化学プロセスを評価するためのモデリングコンセプトにより、ASM – Diesel Exhaust System Modelは、最新の後処理システムをモデル化するための基礎として使用できます。

DOC/DPFモデルの特徴

  • DOC/DPFでの圧力低下
  • DOC/DPF前後の温度
  • DOC/DPF前後のラムダ
  • DPFの粒子質量
  • ポスト噴射または追加噴射によるDPF再生

SCRモデルの特徴

  • 無次元方式
  • 同一セルの直列接続
  • セルの数は部分的離散化を表す
  • 1つのセルの出力が後続のセルの入力に
  • 空気供給あり、または空気供給なしの尿素水(AdBlue)噴射システムがデモモデルとして利用可能
  • SCR触媒上流での尿素分解

製品情報 お問い合わせ