For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ソリューション

特定用途の製品およびソリューションの一覧

AUTOSARテクノロジ

dSPACEは、2004年4月にプレミアムメンバーとしてAUTOSARに加盟し、アーキテクチャの一部とその仕様の定義および開発に取り組んでいます。新しいdSPACE製品では、これらの仕様をすでにサポートしています。新製品は弊社のツールチェーンにシームレスに組み込むことができ、開発プロセスをAUTOSAR規格に円滑に対応させることができます。

詳細

Electric Driveテクノロジ

Electric Driveの使用はこの数年で大きく拡大しました。車両だけでなく、駆動技術やオートメーション技術でも幅広く使用されています。これは、Electric Driveにはさまざまな利点があり、多様な分野での幅広い用途が見込まれています。モーターは小型化が可能で、ほとんどどのような場所にも設置することができます。また、モーターは動特性に優れ、低回転速度で高いトルクを発揮することができます。他にも、Power on Demandによる省電力性、可制御性、および保守性などに優れています。

詳細

運転支援システム

将来、交通密度の増加、安全要件および環境関連法令の厳格化および人口動態の変化により、自動車業界は大きな課題に直面することになります。今日の運転支援システムは、これらの課題解決に向けて大きく貢献しています。たとえば、運転支援システムは、最新のドライブトレインコンセプトの一部として、危機的な状況でドライバーをアシストしたり、自律的な手順を開始して事故を回避するほか、燃費の向上も助けます。dSPACEはシングルソースのソリューションプロバイダとして、運転支援システムの開発の各段階に適したツールを提供します。これらのソリューションの利点は、ソフトウエアの品質に影響を与えることなく多大な時間とコストを節約できることです。

詳細

FlexRay開発

FlexRayは、タイムトリガ型車載通信システムのデファクトスタンダードとしての地位を確立しています。dSPACEのFlexRay製品群は、FlexRayプロトコルの先進ユーザ各社との密接な協力関係に基づいて設計されています。こうした製品群では、プロトタイパーやFlexRayインターフェースを装備した入出力ボードなどのハードウエアから、FlexRayネットワークのモデルをリアルタイムでシミュレーションするためのソフトウエアに至るまで、FlexRayの総合的なサポートが提供されます。

バーチャルECUテスティング

今日のECUソフトウエアは、緊密に相互作用をもつ数多くのソフトウエアコンポーネント(SWC)で構成されています。最新の車両には大規模なECUネットワークが搭載されることも多く、SWCの数は優に1000に達します。通常、ECUコンポーネント開発作業は複数の部署や別の会社で分担されるため、SWC単体のみならず、SWC間の相互作用もテストし、妥当性を確認する必要があります。エラーや矛盾が開発プロセスの早い段階で見つかれば、より短時間かつより低コストでの修正が可能です。

詳細

dSPACEスマートエネルギーソリューション

スマートエネルギーと呼ばれる様々なエネルギー源を統合的に利用し、エネルギー利用の効率化と安定供給をする考え方は、エネルギーの見える化および最適化を実現する技術的な要件を満たす必要があります。

詳細

FMI(Functional Mockup Interface)

オープン規格のFunctional Mockup Interface(FMI)は、dSPACEのPCベースシミュレーションプラットフォームのVEOS®、HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションシステムのSCALEXIO®、およびデータ管理ソフトウエアのSYNECT®でサポートされています。オープン規格のFunctional Mock-up Interface(FMI)は、特定のモデリングタスクにおけるクラス最高のツールの使用や、モデルの一貫した再利用を容易にします。

詳細

ASAM XIL API – Generic Simulator Interface

ASAM XIL API規格は、ASAM HIL APIの後継規格です。XIL Model Accessポート(MAPort)を使用すると、機能開発プロセスの全段階、すなわちMIL(Model-in-the-loop)、SIL(Software-in-the-loop)、PIL(Processor-in-the-loop)、およびHIL(Hardware-in-the-loop)シミュレーションでテストベンチにアクセスすることができます。今日では、dSPACEの幅広い製品群がASAM XIL API規格をサポートしています。

詳細