レーダーテストベンチ

レーダーセンサは、カメラと超音波センサに次いで自動車業界で最もよく使用される環境センサです。これらは、アダプティブクルーズコントロール(ACC)や自動緊急ブレーキ(AEB)などの多くの用途で使用されており、高度に自動化された自律運転において重要な役割を果たしています。

dSPACEでは、次世代型レーダーセンサの妥当性確認や仕様策定だけでなく、レーダーベースの車両機能の現実的なテストにも対応した信頼性の高いソリューションを提供しています:

NEW:Radar Test Bench – Essential 2D

Radar Test Bench – Essential 2Dを使用すると、単一のターゲットに対して水平角および仰角のシミュレーションを実行することができます。

  • コンポーネントのテスト、ADASファンクションのテスト、およびECUの妥当性確認
  • 水平角および仰角のシミュレーションとアンテナパターンの計測
  • 専門的な知識が不要
Radar Test Bench – Compact 3D

自動運転および先進運転支援システム向けの各種機能をシナリオベースでテスト

  • レーダーセンサの無線スティミュレーション
  • 最大20のレーダーオブジェクトに対して、信頼性の高いマルチターゲット角度シミュレーションをリアルタイムに実行可能
  • 作用連鎖の完全なテスト
Radar Test Bench – Advanced 6D

次世代のレーダーセンサの妥当性確認および仕様策定(分離性、視野、分解能など)

  • 4Dイメージングレーダーに対応
  • 最大8つのターゲットにおける水平角および仰角の高精度なシミュレーション
  • さまざまなレーダーセンサやDARTSの構成に対応する高い柔軟性
関連項目 動画

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き