For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

レーダーテストベンチ

レーダーセンサは、カメラと超音波センサに次いで自動車業界で最もよく使用される環境センサです。これらは、アダプティブクルーズコントロール(ACC)や自動緊急ブレーキ(AEB)などの多くの用途で使用されており、高度に自動化された自律運転において重要な役割を果たしています。現実的かつ再現可能なテストをラボで実行するには、さまざまな要素を考慮する必要があります。レーダーセンサをスティミュレートする場合、異なる距離、相対速度、および方位角に基づいて車や歩行者などの現実の対象物に対するレーダーエコーを生成する必要がある一方で、意図しないレーダー反射を回避するための十分な対策を実施する必要もあります。dSPACEでは、レーダーベースの車載機能を同期化されたクローズドループHILを使用して現実的にテストすることができる信頼性に優れたソリューションであるレーダーテストベンチを提供しています。また、このレーダーテストベンチでは、レーダーセンサやそのコンポーネントの検証テストを行ったり、アプリケーションごとに放射パターンを計測したりすることもできます。

主な利用効果

dSPACEレーダーテストベンチは、レーダーセンサのフロントエンドの無線シミュレーションにより、作用連鎖全体をテストします。必要な場合、シミュレーションに車のフロントバンパーやシャシを含めることもできます。このようにして、レーダー前部での信号検出からレーダーECUでの評価まで、すべてのソフトウェアおよびハードウェアレイヤーを考慮に入れることができます。この超小型テストベンチの基本的な構成は、送受信機能付き電波暗室、適合されたdSPACE Automotive Radar Test System(DARTS)、およびSCALEXIO HILシミュレータです。テストの際は、レーダーセンサは電波暗室に固定され、最大5つの現実的なレーダーエコーによってシミュレートされます。レーダーECUは、整合性のあるエコーに基づいてレーダーオブジェクトの距離と速度を適切に特定します。アンテナは同心円状に動作し、方位角の情報を返します。この基盤となるのは、Automotive Simulation Model(ASM)でシミュレートした運転シナリオです。レーダーECUは車載バス経由でHILシミュレータにも接続されるため、検出したレーダーオブジェクトのリストとシミュレーション環境をクローズドループ動作の中でやり取りすることができます。この柔軟なテストベンチは、任意の変動方式の24、77、および79 GHzレーダーセンサに対応しています。レーダーテストベンチを個々の要件に合わせて調整し、他のレーダーテストベンチやその他のテストシステム(カメラ、超音波など)と同期して動作させることができます。

Parameter Specification
Radar objects
  • Up to 20 objects with the following manipulation parameters:
    • Distance
    • Velocity
    • Radar cross section (RCS)
    • Azimuth angle
Update rate
  • 1 ms

Distance range

Increment

  • 2.0 ... 1000 m
  • 6.0 cm

Speed range

Increment

  • ±700 km/h
  • 4 mm/s
Tilt angle range of device under test
  • ±10°

Azimuth angle range

Accuracy

  • ±90°
  • 0.02°
Azimuth angular speed
  • Max. 160°/s
Supported radar frequencies
  • 23-26 and 75-82 GHz
Bandwidth
  • 1.2 or 4 GHz
 

基本情報 動画 成功事例