モーションプラットフォームを使用したテストベンチ

センサを内蔵したECUのテスト

dSPACEテストベンチには、他の方法ではアクセスできないセンサやアクチュエータをスティミュレートするためのモーションプラットフォームを搭載することができます。

主な利用効果

テストベンチには、電子制御ユニット(ECU)の内臓センサやアクチュエータをスティミュレートするためのECU用モーションプラットフォームも含まれています。これらのシステムを使用すると、他の方法ではアクセスできない加速度センサおよびヨーレートセンサのシミュレーションが可能になります。

dSPACE SCALEXIOシステムでは、環境シミュレーションにより追加の物理的変数を提供することで、不足しているあらゆるコンポーネントをシミュレートすることができます。

3Dモーションプラットフォームを使用したテストベンチは、一般的にセンサクラスタやセンサクラスタを内蔵したESP ECUのテストに使用されます。センサクラスタは3Dモーションプラットフォーム内に取り付けられており、3軸の周りを回転して車両の動きをシミュレートできるようになっています。

パラメータ 仕様
モーター
  • ギア内蔵同期モーター
モーターエンコーダ
  • アブソリュートモーターフィードバックシステム(マルチターン)
サーボアンプ
  • KEBA ServoOne
Real-Time Interface
  • EtherCAT
ピッチおよびロール運動
  • ピッチ運動:±45°(車両の縦方向の加速度をシミュレートする場合)
  • ロール運動:±45°(車両の横方向の加速度をシミュレートする場合)
  • 回転速度:180°/s
  • ダイナミクス:5 Hzで±1°
回転運動
  • 回転動作:無限(車両のヨーレートをシミュレートする場合)
  • 回転速度:180°/s
  • ダイナミクス:2 Hzで±1°

  • カスタマイズされたメカトロニクステストベンチ 製品情報, PDF, 日本語, 1100 KB
その他の情報 サポート お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き