For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

高電圧電子負荷

最大700 VのパワーHILシミュレーション向け電子負荷

dSPACEの高電圧電子負荷は、エミュレートされたモーターや高精度の実電流を使用してパワーエレクトロニクスを含むモーターコントローラのテストを行う場合に最適です。

適用分野

新しいdSPACE電子負荷を使用すると、モーターやバッテリをHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーション中にエミュレートすることが可能になります。これにより、統合されたパワーエレクトロニクスを用いて、最大700 Vの電圧を使用する駆動システム用制御ユニットのテストを行えるようになります。この電子負荷は、たとえば2相または3相の50 Hzから400HzまでのAC電源やDC電源など、任意の電源をエミュレートすることができます。

代表的な使用例としては、次のようなパワーレベルでの動的テストがあります。

  • 自動車用モーターコントローラ
  • 産業用サーボコントローラ
  • DC/DCおよびAC/DCコンバータ
  • 半導体変圧器

これらの適用例では、以下のテストシナリオが可能です。

  • 機能テスト
  • 負荷テスト(バーンイン、ライン終端、制御された故障状態)
  • コントローラのロバスト性(モーターパラメータの変動)のテスト
  • クリティカルな動作条件のテスト

主な利点

  • ハードウェアコンポーネントを切り替えたり交換したりすることなく可変的なモーター誘導率をエミュレート可能
  • dSPACEによるハードウェアとソフトウェアの社内開発により、単一のプロバイダによるターンキーシステムの提供が可能
  • 信号レベルまたはパワーレベルでのテストに同一のオープンなシミュレーションモデルを使用可能
  • 設置要件が最小のアセンブリに適した高エネルギー密度のコンパクトな設計
  • 環境条件に適した使いやすい水冷式パワーエレクトロニクス
  • 面倒な主電源へのエネルギー回生を必要としない循環型エネルギーフローによる効率的なオペレーション
  • パワーレベルでのHILシミュレーションに特化した専用設計
  • パワーエレクトロニクス向けの安全メカニズムに基づく安全なテスト条件