For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

センサシミュレーションPC

現実的なセンサシミュレーション向けの高性能シミュレーションプラットフォーム

センサシミュレーションPCは、レーダー、LiDAR、およびカメラセンサなどの環境センサの物理ベースモデルを計算するためのdSPACEプラットフォームです。このプラットフォームにより、高度な現実性と高解像度を備えた確実なリアルタイムセンサシミュレーションが可能になります。

適用分野

仮想運転シナリオに基づいたテストを実施すると、自動運転システム(AD)および先進運転支援システム(ADAS)向けのアルゴリズムの妥当性確認を早期の段階で効率的に行うことができます。センサシミュレーションPCは、高性能コンピューティングプラットフォームとして妥当性確認をサポートしており、要件の厳しいセンサモデルのテスト実行に適しています。生のデータ、3Dポイントクラウド、またはターゲットリストを、要求される速度で生成し、ADAS/ADアルゴリズムに送ることができるため、確実かつ信頼性の高いテストを行うことができます。

センサシミュレーションPCは、24時間連続稼動の産業条件においてレーダーやLiDAR、カメラセンサなどの環境センサを安定的にシミュレートする必要がある用途に最適な製品です。

主な利用効果

センサシミュレーションPCは、マルチコア中央演算処理装置(CPU)と高性能グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)の組み合わせにより、極めて高い処理能力を提供します。そのため、極めて複雑なセンサ環境モデルを現実に即して高解像度で実行することができます。センサシミュレーションPCは、SCALEXIOやVEOSなどのHIL(Hardware-in-the-Loop)またはSIL(Software-in-the-Loop)シミュレーションプラットフォームと完璧に組み合わせることができ、dSPACE ADAS/ADツールチェーンのその他のすべてのコンポーネントと完全な互換性があります。センサシミュレーションPCは、事前設定済みでパフォーマンスが最適化されたシステムとして出荷され、常時稼動に対応した専用のセンサシミュレーションアプリケーション向けとして使用されます。

複数のセンサシミュレーションPCを組み合わせて使用すれば、複数のADAS/ADテストベンチを統合した非常に複雑なシナリオもシミュレートすることができます。

概要

  • ADAS/ADアプリケーションのセンサシミュレーション向けの高性能シミュレーションプラットフォーム
  • クラスタシミュレーションのサポート
  • レーダー、LiDAR、およびカメラセンサのシミュレーション
  • センサの生データ、3Dポイントクラウド、およびターゲットリストの出力
  • 事前設定されパフォーマンスが最適化されたセンサシミュレーションアプリケーション向けシステム
  • 要件の厳しい常時稼動運転に対応した非常に信頼性の高いプラットフォーム
  • ハイエンドのプロフェッショナルNVIDIA GPUのサポート
  • dSPACEのサポートおよびサービスを世界中で提供
  • プロセッサおよびGPUテクノロジの向上に応じて継続的にパフォーマンスをアップグレード

主要諸元

  • 高性能プロセッサ:XEON E3-1275v6、3.8 GHz(4個の物理コア)
  • RAM:16 GB
  • インターフェース:Ethernet 1 Gb/s、Display Port、HDMI出力
  • データストレージ:480 GB SSD
  • オペレーティングシステム:Windows10(事前設定済み)
  • サポートされているグラフィックカード:
    • NVIDIA RTX 8000, RTX 6000, RTX 5000
    • NVIDIA P6000

使用事例

HILテストセットアップ

標準的なHIL(Hardware-in-the-Loop)テストセットアップでは、車両、トラフィックおよび環境をSCALEXIOシミュレータ上でシミュレートし、(レーダー、LiDAR、およびカメラなどの)車両センサをセンサシミュレーションPCでシミュレートします。出力信号は環境センサインターフェースユニットを介してセンサECUに供給されます。

複雑性とセンサモデルの数に応じて、1つまたは複数のセンサシミュレーションPCを使用することができます。

基本的なテストセットアップ

センサシミュレーションPCを使用する場合の最も単純なテストセットアップは、キャプチャされたモーションデータを改めて再生し、物理センサシミュレーションモデルで処理する再生シナリオです。ここで得られたセンサデータはバーチャルセンサECUに送られ、それが再びセンサシミュレーションPC上で実行されます。

SILテストセットアップ

センサシミュレーションPCは、仮想環境における信頼性の高い高性能なハードウェアプラットフォームとしてSIL(Software-in-the-Loop)テストセットアップで使用することができます。センサシミュレーションPCを使用すると、トラフィックシミュレーションからバーチャルECU自体に至るまで、SILセットアップのすべてのコンポーネントに処理やサービスを提供することができます。

また、開発者のワークステーションからセンサシミュレーションの負荷を開放してパフォーマンスを向上させることも可能です。この場合は、車両やトラフィック、環境のシミュレーションはワークステーションで行い、センサシミュレーションPCでは車両センサ(レーダー、LiDAR、およびカメラ)をシミュレートします。シミュレートされた低レベルのセンサデータは、バーチャルセンサECUに送られ、ワークステーション上で実行されます。

関連項目 製品情報 使用事例