DS5386 High-Voltage Electronic Load Module

最大1,250 VのパワーHILシミュレーション向け電子負荷

dSPACEのDS5386 High-Voltage Electronic Load Moduleを使用すると、モーター、バッテリ、およびパワーグリッドをHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーション向けにエミュレートすることができます。これにより、最大1,250 Vの電圧と数メガワットの出力を使用してパワーエレクトロニクス制御ユニットをテストできるようになります。

この分野で最も一般的な使用事例には、自動車用トラクションモーター、産業用ドライブ、およびゼロエミッション航空機のインバータテストなどがあります。さらに、極めて柔軟な電子負荷により、あらゆるACおよびDCソースをエミュレートできるため、地上、空中、および海上で考え得るすべての電気ネットワークとして、またバッテリエミュレータとして動作させることが可能です。DS5386 High-Voltage Electronic Load ModuleをdSPACEのエミュレータラックに統合すれば、パワーHILテストシステムを構成することができます。これらのシステムは、パワーレベルでのHILシミュレーションを念頭に設計されているため、HILでの信号テストとダイナモメータやプロトタイプ車両でのテストとの間に生じる差異を埋めることができます。

主な利用効果

  • 最先端のマルチレベルハードウェアアーキテクチャと特許取得済みのオブザーバベースのモデル予測型電流制御(MPC)により、準連続的な形で滑らかに電流を再現
  • 低レイテンシのモデルインターフェースにより、数kHzまでの電気的周波数を電流ベースでエミュレート
  • 電源および負荷エミュレーションに同じモジュールを使用することで、高い拡張性を実現
  • 設置要件が最小のアセンブリに適した高エネルギー密度のコンパクトな設計
  • 環境条件に適した使いやすい水冷式パワーエレクトロニクス
  • 主電源へのエネルギー回生を必要としない循環型エネルギーフローによる効率的なオペレーション(エネルギー回生により電源に必要とされるエミュレーション電力の15%未満)

パラメータ 仕様
電圧
  • 最大1,250 V DC 1)
電流(AC)
  • 75 A RMS
  • 90 A ピーク (1 s)
電流(DC)
  • 65 A
  • 90 A ピーク (1 s)
出力
  • 電圧範囲全域で電流ディレーティングなし
モジュール方式
  • 並列接続をサポート、電源および負荷エミュレーションに同一モジュールを使用
電源
  • 750 V×2(エミュレーション出力の15%未満はエネルギー回生による)
ハードウェアトポロジ
  • マルチレベルインターリーブコンバータ
パワーエレクトロニクステクノロジ
  • シリコンカーバイドMOSFET
保護
  • モジュールは短絡、過負荷、および過熱から保護されています。
冷却
  • 水冷式
最終的なスイッチング周波数
  • 最大800 kHz(タイミングおよびスイッチング周波数の動的調整機能使用時)
コントローラの更新レート
  • 1 MHz
HILインターフェース
  • dSPACE SCALEXIO FPGAテクノロジを使用した光ファイバリンク
HILインターフェースの更新レート
  • 1.25 µs
1)  全帯域幅を使用した場合は最大で1,000 Vです。

  • パワーHIL(Hardware-in-the-Loop)テスト 製品情報, PDF, 日本語, 4794 KB
製品情報 サポート お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き