RapidPro Control Unit

dSPACEプロトタイピングシステム用のインテリジェントI/Oサブシステム

MPC565ベースのRapidPro Control Unitは、MicroAutoBox IIなどの既存のプロトタイピングシステムに対し、追加の入出力機能を提供するインテリジェントI/Oサブユニットとして使用できます。

適用分野

エンジン/ビークルダイナミクス制御などの用途で、複雑な入出力タスクをプロトタイピングシステムからRapidPro Control Unitにシフトすることができます。また、RapidPro Control Unitには、固有のプロトタイピングシステムに対しさまざまなセンサを適用できるよう、シグナルコンディショニングモジュールを搭載するスペースがあります。

主な利用効果

MPC565ベースのRapidPro Control UnitはRapidPro SC Unitと同じアーキテクチャをベースにしています。さらにRapidPro Control Unitは、複雑な入出力タスクの処理に特化したMPC565マイクロコントローラを含む、パワフルなマイクロコントローラモジュールを装備しています。キャリアボードは、最大6つのシグナルコンディショニングモジュール(SCモジュール)と、2つの通信(COM)モジュールを提供します。シグナルコンディショニングモジュールは、SC Unit用のものと同じです。USB構成インターフェースモジュールは、ホストPCとの通信に使用します。LVDSスレーブインターフェースモジュールは、dSPACEプロトタイピングシステム(MicroAutoBox II)との高速な通信を可能にします。RapidPro Control Unitは単独でも使用できますが、他のユニットと組み合わせ、特定の用途に合わせたインテリジェントI/Oサブシステムを構築することもできます。内蔵のUnit Connection Busによって、複数のRapidPro SC UnitまたはPower Unitを、外部配線なしでControl Unitに直接接続できます。ConfigurationDeskでは、単体の制御ユニットやスタックを効率的に設定し診断処理を行うことができます。I/Oのグラフィカルな統合および設定には、RTI RapidPro Control Unit Blocksetを使用できます。このブロックセットは、PWM、ビット入出力、A/D、およびエンジン/シャシ/モーターの制御用の固有の機能など、幅広い標準入出力機能を提供します。モデルへのフィードバック機能を備えた対話形式による診断を追加で実行できます。

パラメータ 仕様
概要
  • 構成可能なアナログまたはデジタルシグナルコンディショニングモジュール(SCモジュール)用の6つのスロット
  • 異なる形状を持つモジュールのサポート
  • 通信インターフェースモジュール(USB構成インターフェースモジュール、LVDSスレーブインターフェースモジュール)用の2つのスロット
  • Unit Connection Busにより、RapidPro Control Unitを複数のRapidPro Power UnitまたはRapidPro SC Unitで拡張
  • 内部の温度および電圧の監視
  • リモート制御入力によるユニットスイッチのオン/オフ
  • プロトタイピングシステムを介した電力管理、スリープおよびウェイクアップ
  • 3気筒エンジンの同期クランクホイールなど、幅広いクランク/カムホイールアーキテクチャに対応するテーブルベースアルゴリズムのサポート
  • スタート/ストップシステム開発用の回転検出付きクランク回転速度センサのサポート
マイクロコントローラモジュール
  • MPC565、56 MHz
  • 4MBの外部SRAM、16MB外部フラッシュ
  • 追加機能のためのオンボードFPGA
  • 48チャンネルのタイムプロセッシングユニット(TPU)
  • 40チャンネルのビット入出力
  • 22チャンネルのマルチI/Oタイマー(MIOS)
  • 2つのキュー型A/Dコンバータ(内部サンプル/ホールド付き)
  • 40のA/Dコンバータチャンネル(10ビット分解能、1チャンネル当たり4 µsの変換時間)
ソフトウェアのサポート 設定
  • ホストPCからConfigurationDeskを介して接続されているユニットおよびモジュールを設定
診断
  • ConfigurationDeskを介した診断処理
  • 対話形式による診断をRTI RapidPro Control Unit Blocksetを介してモデルにフィードバック
入出力Real-Time Interface
  • RTI RapidPro Control Unit Blockset
電気的特性 電源
  • +6~+60 V DC
  • 最大+100 Vの負荷ダンプ保護
  • 最大-100 Vの逆電圧保護
機械的特性 筐体
  • 放熱フィン付きアルミニウム筐体(ファンなし)
  • 簡単な取り付けとモジュールの固定が可能な特殊な留金を使用した高度なメカニカルコンセプト
  • 柔軟な組み立てを意図して設計された筐体(スタックまたは単一ユニット)
サイズ(カバーおよび底板含む)
  • 200×225×35 mm(7.87×8.86×1.38インチ)
サイズ(カバーおよび底板なし)
  • 172×225×25 mm(6.77×8.86×0.98インチ)
環境的特性 周囲温度
  • -40~+85 ºC(–40~+185 ºF)
耐振動性 1)

EN 60068-2-6

  • テスト条件:

    • 掃引正弦波、1オクターブ/分、3軸テスト

    • 5~2000 Hz、5 g(クロスオーバー13 Hz)、2回の掃引

    • 動作時

ISO 16750-3:2007 / 4.1.2.4 Test IV

  • テスト条件:
    • 広帯域ノイズ、各軸/3空間軸当たり2時間
    • RMS加速度:27.8 m/s 2
    • 動作時
耐衝撃性 1)

EN 60068-2-27

  • テスト条件:

    • 衝撃方向:6方向

    • 加速:15 g/11 ms、100 g/5 ms

    • 動作時

ISO 16750-3:2007 / 4.2.2

  • テスト条件:
    • 衝撃方向:6方向
    • 加速:50 g/6 ms、半正弦曲線
    • 衝撃の数:各方向に10回
    • 動作時

1) テスト条件およびテスト対象バリアントについての詳細は、当社までお問い合わせください。

  • RapidPro Hardware 製品情報, PDF, 日本語, 8336 KB
  • RapidProハードウェア ラピッドコントロールプロトタイピングにおける、シグナルコンディショニング、パワーステージ、およびインテリジェントI/Oサブシステム
  • 関連項目 サポート お問い合わせ

    ニュースレターを購読します

    メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き