車載充電器のパワーHILテスト

タスク

電動化モビリティのさらなる普及には、電気自動車の車載充電器および世界中で使用される電気自動車給電機器を柔軟に開発しテストすることが極めて重要です。現地のグリッド要件との適合を確認するには、さまざまなタイプのグリッドやバッテリ設定をフルパワーでエミュレートし、考え得るあらゆるグリッドやバッテリの条件でフェイルセーフ動作を検証する必要があります。

課題

電気自動車(EV)および充電ステーションを製造するメーカーは多数あります。そのため、メーカー間や地域間で充電インフラは大きく異なります。この多様性に対処するため、CHAdeMO、ISO 15118、およびGB/Tなどの複数の規格では、EVと充電ステーション間の通信が規定されています。そのため、世界中の電気自動車の車載充電器をテストする際には、これらをすべて考慮する必要が生じます。また、接続するパワーグリッドも、地域によってネットワーク構成やインピーダンス、RMS値、周波数などが大きく異なります。

解決策

  • dSPACE Electrical Power Systems Simulation Packageを使用すると、柔軟なグリッドシミュレーションを実現することができます。このソリューションは、トポロジベースのグリッドモデル環境を提供します。
  • DS5386 High-Voltage Electronic Load Moduleは、低レイテンシのインターフェースを備えており、柔軟に制御された電圧ソースとして動作します。また、モジュール型のシステム設計により、小型の車載充電器から高出力のDC充電器に至るまで、さまざまなネットワーク構成を簡単にテストできます。仮想環境のパワーエレクトロニクスデバイスをフルパワーでテストする場合には、高電圧電子負荷を使用します。
  • dSPACEのHIL(Hardware-in-the-Loop)システムは、完全に当社のテクノロジで開発されているため、充電通信向けのSmart Charging Solutionといった当社の他のコンポーネントも容易に統合できます。
  • グリッドおよびバッテリエミュレーションを搭載した単一のシステムであるdSPACEのエミュレーションシステムを使用すると、最適なエネルギー消費が実現し、お客様の電力損失が削減されます。

適合性テスト

電気自動車と充電ステーションの相互運用性を保証するには、充電規格ごとに相当な数のテストを実装し実行する必要があります。このような作業に対応するため、Smart Charging ISO 15118-4 Conformance Test Suiteは標準化された適合性テストを提供します。これらのテストをdSPACEソリューションを用いて実施する方法をご確認ください。

基本情報

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き