100Mbps Ethernetインターフェース(UDP/IP、TCP/IP)

Ethernetネットワークとのインターフェース

100Mbit/s Ethernetインターフェースにより、PHS dSPACEシステムをEthernetネットワークに接続することができます。代表的な適用分野はHIL(Hardware-in-the-Loop)とラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)で、ここでは1つまたは複数のネットワークノードを経由して同時通信が実行されます。

適用分野

100Mbit/s Ethernetインターフェースは、dSPACEのPHSリアルタイムシステムをEthernetネットワークに接続します。これにより、dSPACEプロセッサボード(DS1006、DS1007、またはマルチプロセッサシステム)とリモートコンピュータシステムの間でデータを転送できます。適用分野はHIL(Hardware-in-the-Loop)とラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)で、ここでは1つまたは複数のネットワークノードを経由して同時通信が実行されます。プロセッサボードとユーザ固有のバスシステム間のデータ転送は、Ethernetネットワークに接続された適切なゲートウェイコンピュータを使用することでも実装できます。

主な利用効果

dSPACE Ethernetソリューションでは、最大ペイロードが65507バイトのデータグラムを使用して可変長フレームを送受信することができます。また、TCP(Transmission Control Protocol)のポイントツーポイント(クライアント/サーバ)通信もサポートします。UDP/IPおよびTCP/IPプロトコルは、ETX(Embedded Technology eXtended)で実行されます。オートネゴシエーションとともに動的または静的IPアドレス割り当てがサポートされています。Ethernetの設定はDS4504 PMCキャリアボードにダウンロードされ、起動時に初期化されます。

ソフトウェアとハードウェア

dSPACE Ethernetソリューションは、DS4504 PMCキャリアボードをベースに、ETXモジュールを搭載しています。ETXモジュールは100Mbit/s Ethernetインターフェースを提供します。このソリューションには、標準RJ45ネットワーク接続によるDS4504への接続を実現するために、DS381 Ethernet Connector Boardが必要です。本ソリューションおよびSimulinkモデルへの接続は、S-functionに基づくDS4504 Ethernet Basic Blocksetを使用してグラフィカルに設定できます。

パラメータ 仕様
概要
  • ETXモジュールを搭載したDS4504 PMCキャリアボード
  • 1つまたは複数のネットワークとの同時通信
  • プロセッサボードとのPHS++(Peripheral High Speed)バス経由の通信
  • マルチプロセッサシステムにも対応
送受信機能
  • オートネゴシエーション機能を持つ動的または静的IPアドレス
  • TCPポイントツーポイント(クライアント/サーバ)通信 n 可変長フレームを送受信に使用
  • 最大ペイロードサイズ65507バイトのデータグラムをサポート
  • ユーザ定義のIPアドレスおよびポートを介して複数のTCPおよびUDPフレームを送受信
特性 サイズ
  • 95 x 114 mm(3.7 x 4.7インチ)
外気温
  • 0~+60 °C (32~140 °F)
電源
  • +5 V ±5%、6-9 A

  • 100Mbits Ethernet Interface 製品情報, PDF, 英語, 357 KB
基本情報 関連項目 お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き