For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

環境センサインターフェースユニット

通常、ADASや自動運転には複数のカメラ、レーダー、およびライダーセンサが必要です。たとえば、今日のカメラベースシステムのテストでは、一般にカメラボックスが使用されます。こうしたテストでは、モニターの画像を使用して「無線で」カメラをスティミュレートします。多くの場合、このアプローチにはモニターのコントラストの制限、レンズによる歪み、ステレオカメラや複数のカメラを使用した複雑な構成など、大きなデメリットがあります。カメラECUに生のセンサ画像データを供給する環境センサインターフェースユニットは、これらのテスト時の典型的なデメリットを克服するのに理想的なソリューションです。また、多数に及ぶ個々のセンサに対する時間相関性のあるスティミュレーションもサポートしています。

主な利用効果

HIL構成では、環境センサインターフェースユニットを使用して生のデータでカメラセンサをスティミュレートします。長距離ビデオインターフェースでは、これをカメラセンサの画像処理ユニットに直接接続します。短距離インターフェースの場合は、光ファイバーケーブルとオプションのdSPACEプラグオンデバイス(ESI-POD)を介して接続します。モジュール型システムはGMSL、FDP-Link III、CSI2などのあらゆる共通のインターフェースタイプをサポートしており、お客様の要件に応じて個別に設定することができます。強力なFPGAにより、(画像操作などの)データの前処理が行われ、同時に接続された多数のカメラセンサによる時間相関性のある生データの転送が保証されます。つまり、環境センサインターフェースユニットを使用することにより、ステレオカメラ、4台のサラウンドビューカメラ、およびドライバーカメラを使用した自動運転の一般的なシナリオを実現することができます。画像データは使用事例に応じてさまざまなソースから利用することができます。オープンループシミュレーションでは、記録したデータをRTMapsで再生するのが一般的です。また、ASM/MotionDeskを使用したオープンループシミュレーションセットアップも利用可能です。これに対してクローズドループHILでは、最大24ビット1)の高ダイナミックレンジを有するGPUモデルに基づいて、MotionDeskでデータを生成します。レーダーやライダーの生データによる環境センサインターフェースユニットの拡張機能は現在開発中です。環境センサインターフェースユニットは、HILシステム(19インチラック)への取り付けにも対応しています。

1) ご要望に応じて提供

パラメータ 仕様

環境センサインターフェースユニット(ESIユニット)

  • 最大累積データ速度15.9 Gbit/sのXilinx Zyng UltraScale+ FPGA
  • 多数のセンサに並行して時間相関的にデータを供給
  • 画像処理およびピクセルや列のエラーシミュレーションなどの画像操作
  • FMCプラグインモジュール(FPD-Link III、GMSL、1G/10G1) Ethernet、GigE Vision1)、Ethernet AVB1)など)を使用したビデオインターフェースの柔軟な調整が可能
  • 最大4つのHDMIインターフェース(解像度最大2560×1600ピクセル、リフレッシュレート最大120 Hz)
  • 超低レイテンシのdSPACEプラグオンデバイス接続用光インターフェース
  • 8~241)ビットの高ダイナミックレンジ(HDR)をサポート
  • 設定およびフィードバックデータ向けのEthernetインターフェース
  • ご要望に応じてユーザ固有のインターフェースに対応
  • 汎用的なハードウェアおよびファームウェアは将来のプロジェクトに再利用可能
  • 複数のESIユニットに接続することにより、さらに多数のセンサを使用可能

オプションのプラグオンデバイス(ESI-POD)

  • 短距離ビデオインターフェース(HiSPI、CSI2、LVDS、Parallel)
  • 視野制御用や露出時間制御用などのセンサECU(I2C、SPI)インターフェース
  • ご要望に応じてユーザ固有のインターフェースに対応
  • ゼロ電位電源

1) ご要望に応じて提供

使用事例