For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ARINC 429インターフェース

ARINC 429アビオニクスデータバスとのインターフェース

ARINC 429インターフェースを使用すると、dSPACEシステムをARINC 429アビオニクスデータバスと接続できるため、航空機の電子システムをテストし、航空機向けの幅広い用途の制御ロジックを新たに開発することができます。

適用分野

ARINC 429インターフェースは、dSPACEシミュレータやプロトタイピングシステムをARINC 429アビオニクスデータバスと接続します。このインターフェースでは、dSPACE HILシミュレータを使用してサブシステムレベルおよび航空機全体のレベル(統合飛行試験設備)で航空機の電子システムをテストでき、また、dSPACEプロトタイピングシステムを使用してエンジン制御装置(FADEC)、操縦翼面アクチュエーション、ガイダンス、ナビゲーションなどの分野での新しい制御ロジックを開発することができます。

主な特長

  • セットアップブロックを介して各IPモジュールを簡単に構成可能
  • データ操作ブロック
  • あらかじめ定義したエラーを通信メッセージに発生させることにより高度なテストをサポート
  • ユーザ記述のCアプリケーションに対する完全なソフトウェアサポート

ソフトウェアとハードウェア

このインターフェースは、IndustryPack(IP)モジュールキャリアボードDS4501とGE Intelligent Platforms社のIP-429HD-44Pモジュールで構成されます。リアルタイムモデル側には、IPモジュールとその送受信チャンネルにアクセスするために、SimulinkブロックライブラリとS-functionが提供されます。このブロックライブラリを使用すると生データのレベルでARINC 429バスにアクセスできます。すなわち、ARINC 429の32ビットワードを使用するモデル操作で、データビットを区別することなくブロックを送受信することができます。

ARINC 429バス

ARINC 429仕様は、アビオニクス機器とシステム間の相互の通信方法を定義しています。この仕様は、ほぼすべての商用航空機で使用される工業規格です。その結果、このバスシステムは、商用および輸送用航空機で最も一般的に使用されるデータバスとなっています。このバスシステムでは、2本のツイストペアケーブルによる32ビットワードの単方向伝送が採用されています。メッセージは、12.5または100 Kbit/sのビットレートでバスメッセージを監視する他のシステム要素に送信されます。1チャンネル当たり1個のトランスミッタと最大20個までのレシーバがサポートされています。

Parameter Specification
General
  • Up to 4 ARINC 429 IP modules supportedn
  • receive and 8 transmit channels per module
  • Adjustable receiver thresholds and transmitter output voltages
  • Automatic slew rate adjustment
Receive features Data rates
  • 12.5 kbit/s
  • 100 kbit/s
Standard input levels
  • ±6.5 to ±13 VDC
Parametric threshold levels
  • ±0.1 to ±13.5 VDC (A to B)
Transmit features Data rates
  • 12.5 kbit/s
  • 100 kbit/s
Standard output level
  • ±10 VDC (A to B)
Parametric output voltages
  • 0 to ±10 VDC (A to B)
Scaling
  • Adding a scaling factor based on the data format type to increase the resolution of the 19-bit data of a 32-bit ARINC word
Transmission rates
  • Multiple transmission rates for multiple labels
Error injection
  • Supports BCHI, BCLO, GAP error injections per channel and PARITY error injection per label
Failure simulation
  • Label failure simulation by enabling/disabling labels during run time
Supported standards
  • IndustryPack™
  • ARINC 429
Host interface
  • One 8- or 16-bit ISA slot (power supply only)
Physical characteristics Physical size
  • Full-length ISA board
Ambient temperature
  • 0 ... +70 °C (32 ... 158 °F)
Power supply
  • +5 V ±5%, 36 mA (plus 77 mA per IP module)
  • ±12 V ±5%, 11 mA per IP module

 

 

基本情報