For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

MicroAutoBox Embedded SPU

実車でのマルチセンサ用途に適した小型で堅牢な車載プロトタイピングユニット

MicroAutoBox Embedded SPU(Sensor Processing Unit)は、高い演算処理能力と直感的に操作できるソフトウェア環境を備えた小型で堅牢なプロトタイピングユニットであり、先進運転支援システムや高度な自動運転機能の開発で使用することができます。スタンドアロンシステムまたはMicroAutoBox IIの拡張として使用することができます。

注意:
MicroAutoBox Embedded SPUは現在開発中です。本ページに記載されている情報は暫定的なものであり、予告なく変更されることがあります。

マルチセンサアプリケーションの課題への取り組み

マルチセンサアプリケーションは、先進運転支援システム(ADAS)、自動運転、自動走行車、ロボット工学など、数多くの分野で非常に重要な役割を果たしています。このようなアプリケーションの開発には、カメラ、ライダー、レーダー、GNSSレシーバなど、さまざまなセンサから受信したデータの処理および融合、運動制御アルゴリズムの演算、およびさまざまなアクチュエータまたはHMIとの接続を行うことができる専用のハードウェアおよびソフトウェア環境が必要です。また、センサおよび車両ネットワークデータをテスト用に記録し、同期して再生する必要があります。車両において対象となるアルゴリズムのプロトタイピングを行う場合や膨大なデータを処理するには、高い演算処理能力と直感的に操作できるソフトウェア環境を備えた小型で堅牢なプロトタイピングユニットが必要となります。MicroAutoBox Embedded SPU (Sensor Processing Unit) は、このような使用事例でRTMaps(リアルタイムマルチセンサアプリケーション)と組み合わせて使用するのに特化して開発されています。

独自の組み合わせでADASやその他の用途に対応

MicroAutoBox Embedded SPUは、高い演算処理能力、車載ネットワークや環境センサ、GNSS測位、無線通信へのインターフェース、および実車での用途に適した極めて小型で堅牢な設計を併せ持ったユニークな製品です。RTMapsを使用すると、すぐに使えるブロック線図でEmbedded SPUのすべてのインターフェースに直接アクセスして設定を行うことができ、センサデータの処理やセンサ融合などのアルゴリズム向けの設計をグラフィカルな環境を使用して短い反復サイクルで行うことができます。それぞれのセンサデータサンプルが個々の真のサンプルレートでタイムスタンプと一緒に取得されます。これにより、すべてのデータが確実に時間相関性を持つことになります。また、高いデータスループットを持つ外付け大容量データ記録用ユニット(MicroAutoBox Embedded DSU、)にすべてのデータを記録し、後で再生することも可能です。さらに、異種のデータストリーム間の時間的な整合性と同期性を保ちつつ、アルゴリズムを複数の分散したEmbedded SPU上で処理することも可能です。

Parameter Specification
Processor
  • CPU: Two NVIDIA© Denver 2 cores and four ARM© A57 cores (up to 2 GHz and 2 MB L2 cache each)
  • GPU: 256-core NVIDIA Pascal™ at up to 1300 MHz
Memory
  • RAM: 8 GB 128-bit LPDDR4 RAM
  • Flash: 32 GB eMMC plus 128 GB card
  • Optional: Extension with MicroAutoBox Embedded DSU (Data Storage Unit)
Interfaces
  • 4 x Gigabit Ethernet, 2 x Gigabit Ethernet via internal switch
  • 2 x USB 2.0, 2 x USB 3.0
  • WLAN 802.11 n/ac, Bluetooth 4.1, optional LTE
  • 2 x HDMI 2.0 Out display interfaces
  • 4 x CAN/CAN FD, 2 x LIN (master/slave), 2 x BroadR-Reach
  • 4 x GMSL In, 2 x HDMI 1.4b In camera interfaces (other interfaces on request)
  • 4 x Digital In, 4 x Digital Out, 4 x Analog In
  • uBlox NEO-M8U GNSS receiver (GPS, GLONASS, Beidou, Galileo) with integrated inertia measurement unit (IMU) and support for untethered dead reckoning (UDR)
  • SFF-8088 connector to attach MicroAutoBox Embedded DSU (Data Storage Unit)
Operating system
  • Linux for Tegra from NVIDIA
Operating mode
  • In combination with MicroAutoBox or as stand-alone system
Software support
  • Software support
  • Graphical development environment: RTMaps (real-time multisensor applications)
  • GPU programming language: NVIDIA CUDA©
  • Deep learning: NVIDIA TensorRT™, cuDNN©
  • Computer vision: NVIDIA VisionWorks™, OpenCV
Enclosure size
  • Approx. 200 x 225 x 50 mm (7.9 x 8.9 x 2.0 in) as stand-alone system
Operating (case) temperature
  • -20 ... +70 °C (-4 ... +158 °F)
Power supply
  • 8 ... 60 V DC input power supply, protected against overvoltage and reverse polarity
Power consumption
  • Max. 50 W

関連項目 お問い合わせ