ハードウェアアクセラレータ

認識およびセンサフュージョンアルゴリズムの開発では、ニューラルネットワークなどの人工知能(AI)手法の使用が増加しています。これらのアルゴリズムは、ラボでトレーニングや初期の妥当性確認を行った後で、実際の条件下での車両とラピッドプロトタイピングを用いた車両にて妥当性を確認し、最適化する必要があります。AUTERA AutoBoxは、グラフィックプロセッサユニット(GPU)やフィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)などの専用のハードウェアアクセラレータによって拡張することで、AIを実行できるようになります。AUTERA AutoBoxでは、認識およびセンサフュージョンアルゴリズムのラピッドプロトタイピングだけでなく、データロギング中にデータを直接プリプロセス処理するといった動作も可能です。これを使用すれば、データの記録直後にその関連性に基づいて自動化された方法で対象を絞り、データ量を減少させることができます。

AUTERA AutoBoxは現在、NVIDIA ® Quadro RTX 6000 GPUを使用して拡張することができます。また、ご要望に応じて、その他のハードウェアアクセラレータのサポートも提供することが可能です。

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き