For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

次世代のランディングギアシステム

電動ランディングギアの開発

ドイツのハンブルク・ハールブルク工科大学の航空システム工学科では、リージョナルエアクラフトのランディングギア向けにまったく新しいタイプの作動システムの開発が行われています。 このシステムは、電気機械アクチュエータにより完全に電気のみでランディングギアの昇降を行います。電気エネルギーおよび電気機械アクチュエータ(EMA)によってランディングギアを操作することには、次のような利点があります。
 
  • 「より電化された航空機」を実現します。電気エネルギーの利用を増やすことで、機内に供給されるエネルギーをより効率的に配分して利用することができます。
  • 保守作業の削減
  • フルード不足などにより発生する摩擦損失の低減
  • 供給ラインを取り付ける際の選択肢の増加
 
この作動システムの理論的設計は、ランディングギアのシステムデモンストレータを使って解析されます。ランディングギアシステム全体を地上で独立して操作できるように、実験システムが構築されました。飛行時のランディングギアに対する負荷をエミュレートするために、組み込み式の負荷シリンダが使用されます。システムデモンストレータの制御は、DS1005 Processor Boardおよび各種のdSPACE I/Oボードに基づくdSPACEシステムを介して行われます。 モデルはすべてMATLAB®/Simulink®で設計されました。
 
詳細については、次のサイトを参照してください。
http://www.fst.tu-harburg.de/index.php?option=com_jresearch&view=project&task=show&id=6&Itemid=1038&lang=en