新たなレベルの臨場感

自動運転機能の妥当性確認のための総合的なシナリオとセンサシミュレーション

dSPACEシミュレーションソリューションを使用すると、実際のHDマップ上で複雑かつ現実的なトラフィックシナリオを簡単に定義したり、物理的な現象や特性に基づく高精度で詳細なセンサエミュレーションを実現したりすることができます。

最新のdSPACE Releaseが追加されたアップデートの詳細については、以下を参照してください。

Scenario Preview

開発の初期段階でシミュレーションプラットフォームを妨げずに、簡単な操作をするだけで道路網およびシナリオ定義の妥当性を確認します。

有効なdSPACE Releaseがインストールされている場合は、ダウンロードしてお試しください。

Vehicle Configurator

シンプルな標準データシートに基づく、あらかじめ設定された車両カテゴリから選択するだけで、迅速に自車両をパラメータ化することができます。

有効なdSPACE Releaseがインストールされている場合は、ダウンロードしてお試しください。

OSI 3.1インターフェース

グラウンドトゥルース(GT)ベースデータ用の標準化されたOpen Simulation Interface(OSI)を介してセンサモデルをシミュレーション環境に接続します。

超音波センサモデル

3Dでのクロスエコー効果や計測ノイズ、レイキャスティングを含む、自動駐車アルゴリズムをテストするための現実的なエコーリストを生成します。このモデルはご要望に応じて提供します。

材質プロパティエディタ

物理ベースのセンサモデルによって検出される3Dオブジェクトのユーザ独自の材質プロパティを定義します。

ルートおよびマーカーのビジュアル表示

道路ユーザの定義済みルートやシナリオイベント用のマーカーを含む設定済みシナリオのオンライン妥当性確認のために多くのビジュアル表示オプションを提供します。

HDマップのインポート

TomTomなどのHDマップ機能を追加インポートし、高度なシナリオシミュレーション用の道路網を自動的に生成します。インポートはご要望に応じて使用可能です。

4Kカメラ用のセンサインターフェース

高精度のカメラセンサモデルを含む、Maxim社が策定する最大6 Gbit/sの GMSL2インターフェースを使用して最新の4K/8MPカメラをシミュレートします。

製品情報

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き