For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ドイツ航空宇宙センター(DLR):SHEFEX-2 Hybrid Navigation Systemのシミュレーション、テスト、および検証

dSPACEシステムを使用したHIL(Hardware-in-the-Loop)テスト

2010年5月13日: 2010年、ドイツ航空宇宙センター(DLR)は、極超音速Sharp Edge Flight Experiment Programの第2回実験(SHEFEX-2)を実施します。この実験の目的は、多面体で構成された打ち上げロケットや再突入機の新しい形状を調べることにあります。この実験で実証される重要な大気圏再突入テクノロジは、複数のセンサを搭載した正確なハイブリッドナビゲーションシステムに依拠した、可変先尾翼を使用する極超音速飛行制御です。このハイブリッドナビゲーションシステムのHIL(Hardware-in-the-Loop) テストには、dSPACE HILシステムが使用されています。このテストは3つのフェーズに分かれており、飛行ハードウエアをシミュレートされた飛行条件下および試験施設の条件下に置き、システムのデバッグとロバスト性の実証を行います。

詳細については、次を参照してください。