For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

NASA:燃焼不安定性の制御

燃焼圧力振動の抑制

航空機のガスタービンエンジン向けに現在開発中の超低排出燃焼装置では、従来に比べ燃焼不安定性の影響を受けやすく、放熱の変動と自然に発生する音響共振の相互作用によって起こる現象で、エンジン寿命を短くし、機械的故障を早める可能性があります。NASAグレン研究センターでは、燃焼圧力振動を制御するために、dSPACEシステムを燃焼装置に統合しました。dSPACEシステムの試験用ソフトウエアであるControlDeskは、試験用のデータをサンプリングする方法およびそのデータを格納する場所を記述するために使用されます。また、データのアニメーション表示を生成し、試験の進行中に実行することもできます。

 
詳細については、次のサイトを参照してください。
http://rt.grc.nasa.gov/main/rlc/fuel-actuator-dynamic-characterization-rig/