KI Data Tooling Project

自動運転を実現するうえでは、データが鍵となります。AIベースの機能のトレーニングと妥当性確認を行うには、実際のデータと合成によって生成されるデータを組み合わせて効率的に取得できるプロセスが必要となります。しかし、このようなプロセスを構築するうえでは、新たな課題が生じます。

dSPACEは、2020年4月から大規模な共同プロジェクトである「KI Data Tooling」に参加しており、16のパートナーと協力してこれらの課題の解決に取り組んでいます。このプロジェクトは、ドイツ連邦経済エネルギー省(BMWi)によって設立されました。「KI」は、ドイツ語で「人工知能」を意味する「künstliche Intelligenz」を表しています。このプロジェクトの目的は、合成によって生成されるデータの使用可能性を調査し、AIのトレーニングと妥当性確認、さらにはこのようなデータの提供に必要となるツールの開発を目指すことです。

dSPACEでは、センサシミュレーション、シナリオ生成、および人工知能に関する専門知識を提供しています。当社は、これらの活動を通じて実際のデータと合成データの高品質なデータセットの生成というプロジェクトの目標をサポートし、このデータをAI開発と妥当性確認に使用できる可能性を調べています。

このプロジェクトは、2023年3月まで実施される予定です。このプロジェクトの詳細については、https://www.ki-datatooling.de/ を参照してください。

 

 

人工知能

dSPACEは、人工知能(AI)の開発およびテスト分野におけるお客様のパートナーです。当社では、お客様がテストデータの質と量を向上できるようにするためのサポートを提供します。

計測データからのシナリオ生成

記録したセンサデータに基づいて、完全にカスタマイズ可能な高精度のシミュレーション環境を構築します。記録した状況を再生したり、要件に合わせて調整したりすることも可能です。

Sensor-Realistic Simulation

シナリオをシミュレートしたり、まったく新しいシーンを生成したりして、AIアルゴリズムのトレーニングやテスト向けの現実的なセンサデータを作成します。

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き