For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ECU開発にも効果発揮する「仮想環境でのシミュレーション」

「dSPACE Japan User Conference 2013」レビュー記事 Vol.2


講演者:dSPACE GmbH, Senior Product Manager, Virtual Validation, Karsten Kruegel
発行元:日経BP社「日経AutomotiveTechnology」11月号
実機を試作する前にバーチャルなモデルで機能を検証する手法は、自動車などの分野ではもはや当たり前になっている。不具合の洗い出しに効果の大きいこうしたシミュレーションは、ECU(電子制御ユニット)開発にも応用できる。dSPACEのKruegel氏はそのツールとして同社の「VEOS」を紹介。HIL(Hardware-In-the-Loop)でのテスト前に活用することで、開発工程の一層のフロントローディングが可能になると指摘した。