For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

現実的なレーダーセンサのテスト

クローズドループのHIL(Hardware-in-the-Loop)テストにおいて、センサの生データを供給することによりレーダーセンサを入力

自動運転向けのシステムでは、カメラやレーダーセンサを含むさまざまな環境センサを使用して、車両周辺の環境を検出しています。この種のシナリオをラボのHILセットアップでテストする場合、現実的なセンサ入力が必要になります。dSPACEでは現在、dSPACE Environment Sensor Unit(ESI Unit)向けソリューションの開発に取り組んでいます。このソリューションでは、既にカメラでのテストは実現しており、レーダーセンサの入力も可能になる予定です。供給されるレーダーの生データは、Automotive Simulation Model(ASM)ツールスイートおよび3DアニメーションソフトウェアであるMotionDeskによって作成されます。このソリューションでは、MotionDeskに搭載されたリアルタイム対応の光線追跡シミュレーションに基づいて、送信側と受信側の伝送経路を迅速に識別することができます。専用のプラグオンデバイス(ESI-POD)を使用すると、Environment Sensor Interface Unitをレーダーセンサごとに調整することが可能です。

製品情報